未分類

自転車は車道。本当にそれが一番安全な選択肢でしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自転車は車道を走るのが本当に安全なのでしょうか?

2015年6月より自転車の悪質な運転者を取り締まる為道路交通法が改正され3年が経ちました。
自転車は道路交通法上軽車両ですので、車道の左側を走る必要が有ります。
しかし現実問題、現時点で自転車が車道を走るように道路が整備されていません。

法律を考えているヒトは果たして自転車に乗ったことがあるのだろうか?
そんな疑問が浮かぶほど、路側帯が突然無くなったり、突然段差や障害物が置かれていたりと危険な場所が沢山有ります。

エンジンのついたバイクであれば、交通の流れに乗って避けることも可能ですが、人間が動力の自転車は車道において、明らかに速度差があり避けることもままならない場面が多々あります。
これは6月2日にYouTubeで公開された動画ですが

最初の交差点で、車道を走る自転車をトラックが追い抜きざま交差点内で幅寄せ、極端に左に寄せて自転車の進路を妨害しています。
後半は自転車の方が文句を言いに行こうとしたのでしょうか、信号で減速したトラックを右側から追い越そうとしたところ、トラックが右に車体を振り接触事故を起こしています。

これはもう人身事故ですね。

後半だけ編集した動画も出回っていて、それを見ると自転車の方も無茶苦茶なのですが、実際このような大型車やタクシーの幅寄せは自転車やバイクで走っていると少なくありません。
もちろん、さすが職業ドライバー!!というような素晴らしい運転をされている方もいらっしゃいますし、そういった方もまたトラックやタクシーの方が多いように思います。

事故になってもそのまま放置されるのでは?

しかし現実問題これが最初の幅寄せの時点で事故になったとしても、トラックと自転車の接触がなければ、また証拠となる映像がなければ多くは自転車の自損として処理されてしまうのではないかと思います。

自動車の側は、自転車の方を簡単に殺せてしまう状況であるにも関わらず、です。

道路交通法に定められた車間を保って安全に追い越せる場所ばかりではないですし、お仕事で走っている所、道を塞がれてイライラする気持ちも判らないでもありません。
しかしだからと言って、相手を殺しかねないような脅しをかけて良い免罪符にはなりません。

東名で夫婦が死亡した事件以来、ドライブレコーダーの装着車も増えました、アクションカメラを自転車やバイクに積んでいる方も沢山いらっしゃいます。
警察も障害物のない道路で物陰に隠れて取締りなんてしている位なら、いっそ公道を走る車両の保安部品にドライブレコーダーを必須にして、映像からでも悪質なドライバーを取り締まれば良いのにと思います。

そして、歩行者、自転車、自動車が安全に共存できる道路づくりも考えて頂きたいですね。
年末になると、毎年同じような場所で舗装工事をしている予算で出来ないですかね?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*