クチコミ レビュー

1951年に日本で発売開始の長寿ドリンク★1970年代の味わいで限定復刻【バャリースオレンヂクラシック】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
バャリースオレンヂクラシック

1970年代の味わいが限定復刻バャリースオレンヂクラシック

1951年に果実飲料の先駆けとして日本で発売開始された、バヤリース。
アラフォー・アラフィフ世代でなくとも、一度は飲んだことがある懐かしさを感じるジュースだと思います。

アサヒ飲料から、2019年9月24日より1970年代の味わいを再現した『バャリース オレンヂ クラシック』が限定復刻となりました。

とは言っても、昨年も同じ時期に販売されていたような…
昨年のバャリースオレンヂクラシックは、430ml入りのペットボトルでしたが、今年は500g入りボトル缶での発売です。
調べてみると、バャリースオレンヂクラシックの限定復刻は2015年、2016年にも販売されていたようです。

『バャリース オレンヂ クラシック』のパッケージデザイン

『バャリース オレンヂ クラシック』のパッケージは、なんだかちょっと時代を感じるデザインが用意されています。
デザインは4種類

  • 1951年からの懐かし瓶デザイン
  • 当時の広告をイメージしたデザイン
  • バヤリースの営業車デザイン
  • 1959年に販売された缶デザイン

の4種類となっています。
バャリースのオレンジのキャラクター。なんとなく見覚えがあります。懐かしい…

※バヤリースのオレンジのキャラクターはバヤリース坊やと言って、現在も使われています(汗)

500g入りアルミのボトル缶で、全体にオレンジ色のバックのデザイン。キャップは金色となっています。
バャリースオレンヂクラシック
昭和っぽいお姉さんが描かれています。
なんだろう。昔よく見かけたブリキ看板って、どれもこんな感じの絵柄でしたよね…

デザインは今時のドリンクと比較するとシンプルです。
バヤリースのロゴマークと、紺色の『バャリース』の文字。
その下には赤文字で『オレンヂ クラシック』と表示されています。

『バャ』ってどう発音するのが正解なんでしょうか??

パッケージの下側には、『限定復刻』『-1970年代の味わい-』と紺色の文字で表示されています。

バャリースオレンヂクラシック
こちら側が正面になるのかな?

こちら側には、アサヒ飲料のロゴマーク
『限定復刻』の王冠(?)のデザイン。
『-1970年代の味わい-』
バヤリースのロゴマーク
『バャリース』のロゴ
『オレンヂ クラシック』の表示
そして、バャリースオレンヂクラシックの瓶のイラストが描かれています。

ビンのデザインは、現在もあまり変わっていない感じですね。

『バャリース オレンヂ クラシック』の栄養成分表示

『バャリース オレンヂ クラシック』の100g当たりの栄養成分表示は下記のようになっています。

エネルギー 47kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 12g
食塩相当量 0g

アレルゲン27品目中 オレンジ が含まれています。

保存料ゼロ 果汁10%となっています。

『バャリース オレンヂ クラシック』を飲んでみた

バャリースオレンヂクラシック

色はオレンジ色の単色で、グラスに入れると表面近くが少し透き通って見えます。
焼肉屋さんとかで見かける、瓶入りのオレンジジュースと同じ色…かな。
香りはそれほど強くありませんが、甘酸っぱいオレンジの香りがします。

味は、つぶつぶオレンジの粒が無い感じ。
オレンジジュースに懐かしいも何もないだろうと思っていたのですが、味にも流行があるのでしょうか。
確かにちょっと懐かしい…ような気がする、甘酸っぱい味となっています。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*