PETボトル飲料

カルピスソーダ芳醇青りんごが8月末までの期間限定で販売開始【新商品】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カルピスソーダ芳醇青りんご

カルピスソーダがら夏にぴったりの『青りんご』が期間限定販売

5月28日から『カルピスソーダ芳醇青りんご』が、8月末までの期間限定で発売開始となりました。

青りんごってなんだろう?

青りんごって、お菓子やドリンクで良く聞くケド、一体どんなリンゴなんでしょうか?
一般的に青りんごには、通常のりんごが赤く熟する前に収獲するものと、熟した状態でも赤くならない品種があるそうです。
青りんごは普通のりんごと比較して、熟する前に収獲するので酸味が強いのが特徴。
熟した状態で赤くならない品種としては『王林』が有名ですね。
王林は、熟した状態でも赤くならないので、他の青りんごと比較して非常に甘いのが特徴です。

今回の新商品については、特に青りんごの『品種名』についてはアナウンスされていません。

『カルピスソーダ芳醇青りんご』のパッケージデザイン

カルピスソーダ芳醇青りんごのPETボトルは中央部がくびれた500ml入りに金色のキャップ。
パッケージは緑色をベースとして、おなじみカルピスの水玉があしらわれています。
中央部にはワインの瓶ラベルのようなデザインで、上側には金色で『カルピスソーダ』のロゴマーク。
中央には『芳醇』『青りんご』と表示されています。その下には『発酵果実使用』ラベルの左下には青りんごのイラスト。イラストの右側には『季節限定』『Limited』と赤字で印刷されています。

『カルピスソーダ芳醇青りんご』の栄養成分表示

カルピスソーダ芳醇青りんご100ml当たりの栄養成分表示は以下のようになっています。

エネルギー 26kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 0g
炭水化物 6.3g
食塩相当量 0.04g
27品目中のアレルゲンは『乳』『大豆』『りんご』が含まれています。
果汁は1%となっています。

『カルピスソーダ芳醇青りんご』を飲んでみた

『カルピスソーダ芳醇青りんご』の色はカルピスの白色に、僅かに緑色を加えた程度の乳白色。
PETボトルのキャップを開けると、青りんごのいい香りが広がります。
『カルピスソーダ芳醇青りんご』には、青りんごの果汁と発酵させた青りんごの果汁がブレンドされているのだそう。発酵させることによって、芳醇な香りやコクのある味わいが産まれるのだそうです。
味は、少し酸味がある、すっきりとしたりんご味となっています。
カルピスとリンゴの程よい酸味と香り、炭酸ともに相性は抜群です。

『カルピスソーダ芳醇青りんご』は5月28日から8月末までの期間限定販売をなっています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*