クチコミ レビュー

【夏のドライブ】コンビ ジョイトリップ エッグショックGC 【通気性のよいチャイルドシート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コンビ、ジョイトリップ エッグショック GC を使ってみた。

新生児用のチャイルドシートはお値段高いです。

新生児用のチャイルドシートはお値段が高いです。
しかし、車が複数台あるとそれぞれについていないと不便です。
子供が小さいうちは、それほど車で外出することもありませんし、当家では必要な時は毎回載せ替えて使用していました。
チャイルドシート自体はシートベルトで車体に固定するだけ(2012年7月以降発売の車ですとアイソフィックス(ISOFIX)というさらに簡単確実に装着できるものが使える場合もあります。)なのですが、新生児用のシートは安全性や諸々のギミックの為にやたらと重いです。

それぞれの車にチャイルドシートを装備することに。

子供が一歳を過ぎ、お出かけの回数も増えるに伴い、チャイルドシートの載せ替え頻度があがり不便を感じるようになってきました。
そこで当家の2台に各車チャイルドシートを導入すべく、近所の子供用品店へ。
子供の対応年齢が上がるほど、シートの値段は下がりますので、どうしても必要でなければ1歳位までは少し不便なのを我慢して、使い勝手の好みなども判るようになってから2台目を購入すると、お財布にも優しいですよ。

コンビ、ジョイトリップ エッグショック GC エアーブラックを購入しました

当家が購入したのはこちら。
『コンビ、ジョイトリップ エッグショック GC エアーブラック』
ジョイトリップはスタンダードモデルのエアスルーとハイグレードモデルのエッグショックの2ラインナップです。
エッグショックはヘッドサポートサイドと、本体頭部にエッグショックという衝撃吸収材が入っています。

車への取り付けは、座面の後ろ側にシートベルトを通してシートの留め具を挟んで、しっかり締め付けるだけ。車種によってはちょっとつけづらいかもしれません。当家の車は締め付けづらかったので、適当に止めてからシートを前方にスライドさせて固定しました。

素材はエアスルーというだけあってメッシュが多用されており、反対側からのぞくと向こうが見える位です。
冬場は少し寒そうなくらいですが、チャイルドシートは座面や背中が密着した状態になるのでかなり蒸れますから、このくらいの方が良いのかな?

シートベルトはリュックのように両手を通して、左右の金具をピッタリ重ねてから、股座のバックルにカチッというまで差し込みます。
股座のクッションをしっかり引っ張ってから操作しないと挟まります。
肩ひもの長さも子供と向かい合った状態で簡単に調節できます。
コンビの製品しか使った事が無いのですが、口コミを見ていると他社の製品よりかなり簡単なようです。

リクライニングはしませんが、取り付けるシートの傾きで多少動きます。
座面と背もたれが取り外せる構造の為、あまり無茶な取付は危ないです。メーカの推奨取付角度は15°までとなっていました。

左右どちらにも取付可能なドリンクホルダーもついています。

乗り心地は聞けませんが、いつもぐっすり寝ています。

座り心地は、使っている子供がしゃべれませんのでよくわかりませんが、いつでもすぐ寝てしまいますし大きめのヘッドレストで首が変な方向に曲がってしまうこともないので、寝心地は良さそうです。

コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エッグショック GC エアーブラック (対象: 1歳(12ヶ月) ~ 11歳) 軽量&省スペース設計

新品価格
¥19,800から
(2018/5/11 20:35時点)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*