クチコミ レビュー

【新発売】ファンタふるふるシェイカーが再登場!今年の味は?【口コミ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FANTA今回の新味は情熱の真っ赤なオレンジ

俳優の菅田将暉さんが宣伝部長を務める日本コカ・コーラ社のファンタに9月10日、新フレーバーが発売されました。
2016年大人気の為、販売直後に発売停止となった、ブラッドオレンジフレーバー『真っ赤なオレンジ』
2017年に同じくブラッドオレンジフレーバーで発売された『情熱のオレンジ』をベースとして、今年は、ブラッドオレンジフレーバー『情熱の真っ赤なオレンジ』となって期間限定新発売です。

ファンタふるふるシェイカーの新味は情熱の『真っ赤なオレンジ』と『マンゴー』

通常のドリンクと同時展開で、ファンタふるふるシェイカーも新発売となっています。
ファンタふるふるシェイカーのほうは『情熱の真っ赤なオレンジ』『マンゴー』の2種類の展開となっています。

ファンタふるふるシェイカーって?

ファンタふるふるシェイカーはファンタが日本で発売開始となった1958年から50周年となった2008年に発売されました。その後も何度か発売されましたが、昨年は 『ファンタ ふるふるシェイカー グレープ』『ファンタ ふるふるシェイカー オレンジ』の二種類が販売され発売前から話題となりました。

ファンタふるふるシェイカーを2種類、早速購入してきました。

台風21号の暴風で軒天部分が剥がれ飛んで修理中の近所のスーパーで購入してきました。

デザインは秋の商戦をねらってかハロウィンを意識したデザインとなっています。それぞれブラッドオレンジマンゴージャック・オ・ランタンをモチーフにした口を開けたデザインとなっています。

ジャック・オ・ランタンってなに?

ジャック・オ・ランタンJack-o’-Lanternは、アイルランド及びスコットランドに伝わる日本でいう火の玉(鬼火)のような存在で、ハロウィンで使われるカボチャをくり抜いてマスクのようにした提灯のようなもの。
善霊を引き寄せ、悪霊達を遠ざける効果があると言われています。

炭酸飲料だけど振ってOK。10回程振ってから開封します。

ファンタふるふるシェイカーの特徴は、ゼリー飲料によくある通り『振ってゼリーを崩して飲む』ことで、缶にも『冷やしてから10回位強く振ってね!』と表記されています。
しかしファンタは炭酸飲料。炭酸飲料開封前に振ってはダメな事は常識です!!
2008年にファンタふるふるシェイカーが販売された時のキャッチコピーは『振らなきゃ飲めない炭酸ゼリー』でした。
当時マクドナルドで販売されて大流行していたシャカシャカポテトとコラボしていました。
振って良いんです!!という訳で振ります。

そういえば、去年復活した時には公式HPに公式の振り方など8種類がUPされ、ユニークな振り方が話題となりました。

・公式ふるふる
「ファンタ ふるふるシェイカー」を利き手で顔と同じ高さに持つ。脇は卵一個分あけて、缶を垂直方向から20°傾ける。その角度をキープしながら肘を基点に、10回くらい強く振る。
・ヲタふるふる
①「ファンタ ふるふるシェイカー」を持ち、足を開き腰を落とす。
②両手の人差し指で左上の頭上を2回指す。
③腰から下で半円を描くように腕をまわし、②の動作を右上に向けて2回行う。
④もう一度左上を今度は1回差し、すぐに右上を1回差す。
⑤最後に左上を2回差す。
⑥ ①~⑤を左右対称でもう1回行う。周りの人の迷惑にならないよう気をつけよう。
・青春ふるふる
横に並ぶカップルが手を差し出し、「ファンタ ふるふるシェイカー」とともに手を握る。そして二人の呼吸を合わせて手を前後に大きく振る。
スキップなどもはさむことでより早いシェイクが※同性でも可能。周りの人の迷惑にならないよう気をつけよう。

その他にも
・パリピふるふる
・素振りふるふる
・バーテンふるふる
・手のひらダンスふるふる
腹筋ふるふる
などユニークなシェイク方法が紹介されていました。

カロリーなど…栄養成分表示

合成着色料不使用、純水使用で、栄養成分表示は以下のようになっています。
情熱の真っ赤なオレンジ(100ml当たり)
エネルギー 64kcal
たんぱく質・脂質 0g
炭水化物 16g
食塩相当量 0.03g
V.B₆ 0.46mg

マンゴー(100ml当たり)
エネルギー 68kcal
たんぱく質・脂質 0g
炭水化物 17g
食塩相当量 0.02g
パントテン酸 1.0~4.7mg
ナイアシン 2mg

それでは全力で振ってから、飲んでみます。

スペースと体力の関係でヲタふるふるは自粛し、公式ふるふるで10回振ってみました。
缶はずっしりとして、中でゼリーがシェイクするのを感じる事が出来ます。

恐る恐るプルタブを起こして開封してみます。
プシュッ
至って普通にガスが抜け、勢いよく中身が噴き出してくることは有りませんでした。

味は良くも悪くも期待を裏切りません、世界トップの大企業が作る安定のブラッドオレンジ・マンゴーフレーバーのゼリー飲料です。

炭酸は、シュワシュワはじける感じは無く、舌にチクチク刺激がぶつかる感じです。
情熱の真っ赤なオレンジをコップに移してみました。


やや暗いオレンジ色ですね。赤っぽい…のかな?

コップに移すと普通に炭酸の泡が出ていました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*