松阪こた堂接骨院~交通事故施術・腰痛施術~

松阪こた堂接骨院は、三重県松阪市西之庄町(まつさかし)にあります。腰痛施術・交通事故施術で実績、安心丁寧口コミ評判の整骨院です。整形外科勤務有。駐車場完備。健康保険・自賠責保険対応。お気軽にご来院ください。

雑学

「匂わせ女子」とは何か?

投稿日:2018-04-15 更新日:

Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSが普及した今、誰もがいつでもどこからでも自分の意見や、撮った写真、得た情報を発信できるようになっています。
何気なく投稿した自分や子供の写真から人気に火が付き芸能界デビューしたり、「おいしかった」と有名人が呟いてくれたおかげで人気レストランになったり、あまり知られていなかった場所が「穴場」として新しい観光スポットとなったりと、その影響はとても大きいものです。
しかし、また逆の影響もあるのです。何気なくつぶやいた一言が反感を買ってしまったり、いたずらで撮った写真が原因で職を失ったりと、SNSは諸刃の剣でもあります。

「匂わせ女子」とは?

そんなSNS世界の中で、今はやりの言葉「匂わせ女子」をご存知ですか?

【匂わせ女子とは】

「匂わせ」の言葉通り、はっきりと明言はしないけれども「何か」を感じ取らせるということです。
そして、「匂わせ女子」とは自分のSNSで「はっきりと写真も撮らないし、言わないけど・・・あなたたちわかるわよね♪」というような主に自慢発言や自慢写真をわざと発信している女子のことです。
(そういうことをしている男子もいるのでしょうが、圧倒的に女子の方が多いみたいです)

例えば・・・「今〇〇食べてま~す」と美味しそうなお料理やお菓子の写真を投稿します。
写真のメインはお料理やお菓子と思いきや、それを持つ手にはキラリと光る指輪が映り込んでいたりするのです。
また、「〇〇に来てます!」との写真の中には、顔は映っていないけれど男の子とわかる「誰か」が居たりするのです。
そういう投稿を見た敏感なお友達は「あ、見たことない指輪してる」や「ん?この隣にいる人誰?」と気付きます。
そして「素直に指輪貰ったって言えばいいのに」とか「素直に彼氏とデートって言えばいいのに」とモヤモヤした気持ちが頭をもたげてくるのだそうです。

【火付け役はあの人気グループの彼女】

この「匂わせ女子」という言葉か定着したきっかけと思われる出来事は、J事務所の人気グループAのメンバーNの彼女のブログだと言われています。
Nさんの交際報道が芸能ニュースを賑わせると、Nさんの熱心なファンはその報道の真偽を確かめるべく色々調査を始めました。
その結果、その彼女、Nさんが他のメンバーからお土産にもらったTシャツを着ている自分の写真や、Nさんが貰った花束をアレンジしたと思われる活花の写真、自分の後ろにAのコンサートツアーのグッズをちらりと映り込ませた写真など、数多くの「匂わせ」写真をブログに投稿していたことが判明したのです。
(ファンの調査能力のすごさにも脱帽ですが!)
数々の「匂わせ写真」にもちろんファンは大激怒!検証サイトはすごい勢いで拡散されることになり、「匂わせ」という表現は数多くの人に認知されることとなったのです。
そこから彼女と同じようなことをSNS上でする女性のことを「匂わせ女子」と呼ぶようになりました。

【「匂わせ女子」は多いのか?】

上記のNさんの彼女は、わかりやすく「匂わせ」ていましたが、お付き合いしている方がアイドルであるため大っぴらに公表できるわけもなく、こういった形での「幸せアピール」になってしまったのは理解ができます。
そして、芸能人に限らずわかっていて「匂わせ」をする人もいます。
しかし、「匂わせ女子」は本当に多いのでしょうか?

発信した本人がなんとも思っていなくても、受け取る側が「鼻につく」「ちょっと嫌な感じ」と思ってしまうと、発信した人を「匂わせ女子」認定することも多々あるようです。
例えば、桜がきれいだったので公園の写真を投稿したら、その写真に見知らぬ父子の後ろ姿が映り込んでおり、それを見た人から「道ならぬ恋をしているのなら匂わせない方がいい」と言われてしまったケースがあるそうです。
見知らぬ父子の後ろ姿のせいで「子供のいる男性と不倫している」と思われたそうで、誤解を解くのに一苦労だったそうです。
このケースを考えると、実は意思を持って「匂わせ」ている人はそんなに多くないのではないか、とも考えられますよね。

現実社会での人間関係に加え、SNS上での人間関係もある昨今、なるべく人に不快感を与えないネットリテラシーを身に着けるのも必須となってきそうですね。

-雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

七夕の願い事は誰が叶えてくれるの?短冊の風習は日本だけ。

目次1 7月7日は七夕です。覚えているけど、今も判らない疑問。1.1 のきば?砂子?5しきのたんざく?一体何だろう?1.2 七夕のお話は覚えていますか?1.3 七夕の伝説は寄せ集め。1.4 夜空に彦星 …

アジサイと言えばカタツムリ?コンクリートも食べてしまう巻貝。

目次1 梅雨の風物詩?アジサイにカタツムリ。1.1 カタツムリは巻貝の一種1.2 サメのようにどんどん新しい歯が生えてくる?!1.3 雄雌の見分け方。1.4 エスカルゴに似ているから食べられるのかな。 …

電線から火花?!どうしたらいいの?【動画あり】

目次1 溶接でもしているのかな?と思ったら漏電?!1.1 どこに連絡すればいいの?119番か??電力会社??1.2 オペレーターさんに状況を伝えればミッション完了です1.3 本日のまとめ 溶接でもして …

曇りなのに晴れ?晩春の季語に使われる花曇りってどんな状態?

目次1 晩春の季語にも登場する花曇りとは?1.1 日本の春の風物詩といえばサクラ🌸1.2 天気の種類は何種類?1.3 晴れとか曇りの基準って?1.4 薄曇りは天気予報では晴れ?!1.5 …

紙カップ式清涼飲料水の自動販売機でコーラを買おうとしたらコーラの原液だけが出てきた?!

目次1 高速道路でつい買ってしまうカップ式自販機のコーヒー2 紙カップ式の自動販売機ってどうなってるの?3 動作不良の時の精神的ダメージが大きい4 カップ式自動販売機の不具合に遭遇5 コーラの原液はど …