地域

いよいよ地方版図柄入りご当地ナンバーが交付開始されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

図柄入りご当地ナンバーが10月1日より交付開始

全国116カ所の対象地域の中から41カ所の地域の図柄入りご当地ナンバーが2018年10月から交付開始となりました。
これまでのご当地ナンバーと異なり、地域の名産品や景勝地などがデザインされています。
41カ所それぞれに、地域の特色を生かした魅力的なデザインとなっています。

ご当地ナンバーとは?

ご当地ナンバーは、地域・観光振興などを目的に、全国的にも認知度の高い地域名をナンバープレートに表示しました。
今回は、地名以外にも文字の背景にデザインが追加されたもので、デザインは自治体が選定したものになります。

図柄入りご当地ナンバーが交付開始された地域。

今回地方版図柄入りご当地ナンバーが交付となった地域は以下の通りです。

東北(盛岡、岩手、平泉、仙台、山形、庄内)
関東(土浦、つくば、前橋、越谷、成田、柏、世田谷、杉並、富士山)
北陸信越(新潟、長岡、富山、金沢、石川)
中部(福井、富士山、豊田、春日井)
中国(鳥取、福山、下関、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州(長崎、佐世保、熊本、大分、宮崎、鹿児島)

お近くの地域はありましたか?
個人的には、福井県の恐竜のデザインがカッコいいと思います。

また2020年には、17の地域(知床、苫小牧、弘前、白河、松戸、市川、船橋、市原、江東、葛飾、板橋、上越、伊勢志摩、四日市、飛鳥、出雲、高松)でも図柄入りご当地ナンバーが追加される予定となっています。

ナンバープレートでおしゃれ?!

図柄入りナンバープレートは、2019年のW杯ラグビーナンバーと2020年の東京オリンピックナンバーで開始されました、このナンバープレートは軽自動車でも白いナンバープレートとなることで、軽自動車の黄色いナンバーがイヤという人も多く取付け話題となりました。しかし、今回の図柄入りご当地ナンバーでは軽自動車には黄色の枠が付くため、普通車と同じにはなりません

図柄入りご当地ナンバーを手に入れるには?

該当する地域に登録されたお車が有る事が前提ですが、ご当地ナンバーに変更するには、カーディーラーや自動車屋さんに相談する以外にも、御自分で行うことも出来ます。手続き方法は、ウェブサイトで申し込み支払いを済ませたのち、運輸支局に行くだけです。普通車のナンバープレートには封函が付いているので、自分で交換はできないとお思いの方もいらっしゃいますが、封函はナンバープレートのネジを占めた後で押し込むだけで、特に専用の工具等がなくても取付可能です。
図柄入りナンバープレートは該当する地域が限られますが、ラグビーナンバーやオリンピックナンバーは全国どこでも取付可能です。

味気ない数字だけのナンバープレートはちょっとイヤだ。という方は、ナンバープレートを変更してみるのもアリかもしれませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*