子供玩具

紙のからくりカミカラ、ペンギン爆弾を実際に作ってみた【口コミレビュー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今更 ペンギン爆弾に興味を引かれてしまいました

日本人って、ちょっとオタクな人が多い民族だと思います。
凝り性といった方が良いでしょうか?そこまでやる?というような事をどんどん突き詰めていくような人が昔から沢山いたのでしょうね。
折り紙なんかも、近年は外国でも評価され、人気なんだそうです。
日光東照宮には折り紙(完成品)の自動販売機が有って、外国人観光客に人気なのだとか。

カミカラの本を購入してきました。

今日、ご紹介するのは『カミカラ』
折り紙とはちょっと違いますが、紙でできたからくりです。
何年か前に、『ペンギン爆弾』がネットで話題となっていたのでご存知の方もいらっしゃいますね。

『紙のからくり カミカラで遊ぼ! 中村開己』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

紙のからくりカミカラで遊ぼ! 飛ぶ!はねる!かみつく! [ 中村開己 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/12/10時点)

楽天で購入

 

 

日本文芸社から発売されている本で、2016年第1刷発行で、2018年12月10日、既に第6刷発行となっています。
この記事を書いている、今日がまさに2018年12月10日なんですが、印刷屋さんの日付って結構アバウトなんですかね?
なんにせよ、プレゼントにも良さそうですし、夏休みの工作などにも使えそうですので、人気なんでしょうね。

中村開己さんってどんな人

カミカラ著者の中村開己(なかむらはるき)さんは、1967年生まれのペーパークラフト作家。
富山県出身で、2008年から、独立してペーパークラフト作家として活動しているそうです。
プロフィールによれば、正確には、ペーパーエンジニアリングというジャンルなのだそうです。
『一度見たら一生忘れられない作品作り』をテーマーに作品を作られているそうです。

カミカラで遊ぼ!収録は10作品。実際に作って遊べます

本は大き目のA4サイズとなっています。
中を見ていくと、1/3程が作品の写真と紹介。残りのページは実際に切り取って作れる作品が10作品収録されています。
今回購入した本の収録作品は
マゼランペンギン爆弾
くま爆弾
ふなっしー
シンデレラのかぼちゃの馬車
かみつくオオカミ
桃太郎外伝
バク宙うさぎ
びっくりカメ
かみつく封筒
起き上がりフクロウ
となっています。

ふなっしー、最近テレビで見かけませんが、こんなところで仕事してました。

マゼランペンギン爆弾を実際に作ってみる

まず本から、型紙のページを切り取ります。

切り取りのミシン目が入っているので、道具が無くても楽々…と思ったら、意外と苦戦しました。
折り目をつけようにも、本になっているので難しく、少し破れてしまいました(汗)

パーツを切り離します。
間違えて、違う場所を切らないように慎重に。

この作業が一番大変かも、目がチカチカしてきます。

切り終わったら、説明書通りに組み立てていきます。
組み立ては、糊付けのみ。
判り辛いところは、動画での説明サイトもあります。

動力となる輪ゴムをセットしたら完成です。

子供はもちろん大人だって楽しめます。夏休みの工作にも良さそう。

作業時間は、切り取りと組み立てで、2時間位でしょうか。
道具は、鋏と糊、輪ゴムと輪ゴムをつける為のピンセット位が有ればできますので、子供の工作にも丁度イイ感じです。
手軽な紙工作で、動きも楽しいので、大人でも十分楽しめますよ。

大人用も販売されていました↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大人のペーパークラフトー幾何学カミカラー 切り取って使える型紙つき [ 中村 開己 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/12/11時点)

楽天で購入

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*