未分類

カラスの産卵期です。知能の高く寿命の長いカラス、威嚇されたら近づかない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ペットにしたら意外にかわいいのではないかと個人的には思うのです。

すぐ近所に、大きな木の茂っているお宅があります。
その木のてっぺん近くで、現在カラスが営巣中です。

本日は、大きく目立つ風貌に、ごみを漁りに人間のすぐ近くまでやってくる身近な鳥ですが、意外と知らないカラスについてです。

カラスの種類は意外と多い。

日本で日常的に見られるカラスは、ハシブトガラスとハシボソガラスの2種類です。
渡り鳥では、ワタリガラス(北海道)、ミヤマガラス、コクマルガラス(九州)が冬季に見られます。

カラスはスズメの仲間?

カラスと呼ばれる鳥は、広義にはスズメ目カラス科の総称、なんとスズメの仲間なのです。カラス科には、カケス類、サンジャク類、オナガ類、カササギ類などが含まれます。

英語でカラスは?

カラス属は、crow(クロウ)と raven(レイヴン)に分かれます。。
大まかに、大型種は raven、小型種は crow となります。
日本のハシボソガラスハシブトガラスは crow となります。

カラスは鳥類の中でもとても知能が高いと言われています。

知っていると賢そうに思える(笑)慣用句を集めました。

あなたは、いくつ分かりますか?

烏の行水
烏の足跡
烏の髪
烏頭白くして馬角を生ず
烏兎匆匆
鵜の真似をする烏
鷺を烏と言いくるめる
烏合の衆
濡烏・烏の濡れ羽色
闇夜に烏
三羽烏
月夜烏
Eat( boiled) crow

「からすのねどこへいくとて、みつよつ、ふたつみつなど とびいそぐさへ あはれなり」
国語の教科書にありましたね。

その他にも、子供のころ
「カラスが鳴くから、かーえろ」「カラスが鳴くから帰りましょ」
なんて言いましたよね、懐かしい。

カラスに襲われる?

5~7月ころになると、カラスに襲われたなんて話を耳にします。
人と距離の近い、都会に多い気がするのですが、近くにヒナがいるとカラスは神経質になって威嚇してくることが有るのです。
カアカアと大きな鳴き声を出す。
鳴きながら旋回する。
ものを落とす。
それでも、気にせずに近づくと、人間の背後から足蹴りしてきます。

ただ通りたいだけなのだけど、とは言ってもカラスには判りません。
近くに巣が有ると分かっている時は、なるべく避けて通るなどカラスを刺激しないようにしてあげましょう。

カラスって死なないの?

カラスって、ものすごく沢山いるみたいですが、死骸を見たことってあまりないのではないでしょうか?
大きい鳥って結構長生きです。
『カラスの寿命は100年です!!』

なんて、書いてあるサイトがあって驚きましたが。
実際の寿命は7~15年位、飼育下でも30年位というのが有力かと思われます。

知能が高い鳥ですので、その辺で事故にあう確率が低い。
夜間、神社や雑木林などに集まり、早朝にエサ探しに出勤。という規則正しい生活をしているため、弱った個体は出勤できずそこで死ぬ。雑木林などだと、他の動物に処理されてしまうので人目に付く機会は殆どない。
真っ黒でほとんど見分けが付かない。(縄張りにいる個体が変わっても判らない)
などの理由で、死骸を見かけない→超長生き!となったのではないかと思われます。

ごみを散らかしたり、縁起が悪い、なんて嫌われることの多い鳥ですが、
とても賢くて、ヒナが巣から出た後も付きっ切りで子育てする、とても愛情深い鳥なんですよ。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*