PETボトル飲料

最高の酸っぱさに驚愕!!三ツ矢グリーンレモンが新発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
三ツ矢グリーンレモン

三ツ矢ブランドからグリーンレモンが新発売

記録的な大雨をもたらした雨雲が去っていったと思ったら、今度はぐんぐん気温が上がってくる予報となりました。
令和最初の夏となる今年の夏も、暑くなるんでしょうか?

『酸っぱい』新商品が販売開始

アサヒ飲料の三ツ矢ブランドより、5月21日より『三ツ矢グリーンレモン』が新発売となりました。

今回の新味は『グリーンレモン』
グリーンレモンは、レモンが黄色くなる前に収獲された若いレモンなのだそうです。
名前からして酸っぱそうですが、それもそのはず今回の新製品『三ツ矢グリーンレモン』は、三ツ矢ブランド最高の酸っぱさなんだとか。

早速購入してきました。

三ツ矢グリーンレモンのパッケージデザイン

細目の弾丸のようなくびれの無い形の500ml入りPETボトルとなっています。
パッケージの上半分は緑、下側は白のバックで緑の中央に表示された三ツ矢のマークを中心に緑と白の濃淡を使用した集中線のデザインとなっています。
三ツ矢マークの左上には『クエン酸濃度6倍』と表示され、三ツ矢マークの下側には白字で『MITSUYA』『GREEN LEMON』その下に黄色で『グリーンレモン』と表示されています。
パッケージ下部には大きな緑色の文字で『三ツ矢ブランド最高に』『酸っぱい。』と表示されています。

三ツ矢グリーンレモンの栄養成分表示

三ツ矢グリーンレモンの100ml当たりの栄養成分表示は以下のようになっています。

エネルギー 38kcal  500mlPETボトル1本当たり190kcalとなります。
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 9.7g
食塩相当量 0.2g
クエン酸 1290mg
無果汁となっています。

三ツ矢グリーンレモンを飲んでみる

臭いは、ふんわりとラムネっぽい香りがします。
味のほうは、三ツ矢ブランドで最高に酸っぱいということで、1983年から2018年までに販売されている『三ツ矢』のブランド商品中でも最高の酸っぱさなんだそうです。
十分に甘みもあるので、炭酸がきつダケにも感じますが、確かに酸っぱい…
三ツ矢さわやかレモン缶の6倍もの濃度のクエン酸が含まれているのだそうです。

辛いモノを食べた時のように、鼻の頭から汗だくになります。
一気に飲むのはちょっと無理な程の酸っぱさです。

ちょっときつすぎる位の爽快な甘酸っぱさと、食塩相当量も100mlあたり0.2g含有と熱中症対策にも丁度イイ感じのドリンクとなっています。
脂っこいモノを食べながら飲むのにも良いカモしれないですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*