PETボトル飲料

【特別限定生産】1964年当時の味わいを現代に再現?!三ツ矢サイダーニッポンはどんな味?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
三ツ矢サイダーニッポン

がんばれニッポン!!!

世界陸上にラグビーワールドカップにバレーボールワールドカップ。
来年に開催を控えた、東京オリンピックは『本当に大丈夫なの?!』という不安なニュースで一杯ですが、オリンピックに先駆けて色々なスポーツが盛り上がりを見せていますね。

今回紹介する商品は、日本を応援する!!サポーター飲料!!と言う訳ではありませんが…

三ツ矢サイダーニッポン

2019年7月16日に新発売となった『三ツ矢サイダー ニッポン』です。
年内の期間限定販売となっています。

135歳?!三ツ矢の歴史

今から135年前の明治14年、飲料として理想的な鉱泉と認められた、兵庫県川西市の平野鉱泉を元に炭酸水の製造を始めたのが三ツ矢サイダーの始まりなのだそうです。明治17年に『平野水』として販売が開始され、やがて現在の三ツ矢サイダーの原形となる、『三ツ矢印の平野シャンペンサイダー』へと変わっていきます。
戦後で、砂糖が中々手に入らず人工甘味料を利用している商品が多かった時代、三ツ矢サイダーは他に先駆けて砂糖のみを使用したサイダーを作り始めたんですって。

『三ツ矢サイダーニッポン』は、

砂糖のさっぱりした甘さ、柑橘果実の甘酸っぱい香り、“爽やかな甘酸っぱさ”が特長の
1964年当時の味わいを、半世紀の時代を超えて現代に再現

した商品なんですって。
今から、65年前、当時のサイダーはどんな味だったんでしょうか?

『三ツ矢サイダーニッポン』のパッケージデザイン

『三ツ矢サイダーニッポン』はちょっと背が高くスリムな500ml入りペットボトルとなっています。
パッケージは朱色のバックに金色の2色。一部黒色と赤色が有るもののいたってシンプルなデザインです。
パッケージの上半分は『三ツ矢』のロゴマーク、矢じりの舌には『特別限定生産』と表示されています。
下側には『1964年当時の味わいを現代に再現』そして『MITSUYA CIDER NIPPON』と三段で大きく表記されています。

反対面には、英語で三ツ矢の歴史が表示されています。
三ツ矢サイダーニッポン

『三ツ矢サイダーニッポン』の栄養成分表示

『三ツ矢サイダーニッポン』の100ml当たりの栄養成分表示は以下のようになっています。

エネルギー 42kcal   500ml入りペットボトル一本当たり210kcalとなります
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 11g
食塩相当量 0g

『三ツ矢サイダーニッポン』を飲んでみる

『三ツ矢サイダーニッポン』の色は完全に透明です。
匂いもあまり感じませんが、あえて言うなら三ツ矢サイダーの香り(汗)

味は…現代風にアレンジしてある、と言う事で特段懐かしい味わい!という事も無いですね。
そもそも1964年には、まだ生まれてませんが(笑)

炭酸とわずかな酸味が爽やかなサイダーとなっています。

私は、かき氷のシロップ(透明の氷蜜)のイメージが浮かびました。
普通の『三ツ矢サイダー』を飲んだのも、かなり前なので断言はできないですが、少し甘味が弱いのかな?

実は、復刻盤の三ツ矢サイダーは2017年から毎年発売されています。
味は、毎年現代風にアレンジされているようなので、少し違うのかな?
興味のある方は、ぜひご自身の舌で確認してみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*