PETボトル飲料

【伊藤園】生のオレンジスライスと一緒に茶葉を抽出☆生オレンジティー飲んでみた【口コミ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
生オレンジティ

駅のコンビニは品揃えがシンプルで好き

電車で出かける前に、駅に入っているコンビニエンスストアに必ず立ち寄ります。
あまりにも暑い外の温度を避ける為もありますが、駅のコンビニってちょっと変わったモノが売ってたりするので、電車通勤で無くなってやや疎遠になってしまった場所の情報収取も兼ねていたりします。
最近はそこで、電車移動中の子供のお菓子と自分のお茶を購入するのがお約束となっています。

本日のお茶はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伊藤園 TEAS’TEA 生オレンジティ 500mlペットボトル×24本入
価格:2462円(税込、送料別) (2019/8/26時点)

楽天で購入

 

伊藤園の『TEAs’ TEA NEW AUTHENTIC 生オレンジティー』
2019年8月5日に発売開始となった新商品です。
500ml入りと、自動販売機限定の280ml入りの2種類のラインナップとなっています。

『TEAs’ TEA NEW AUTHENTIC 生オレンジティー』のパッケージデザイン

TEAs’ TEA NEW AUTHENTIC 生オレンジティーは、背が低いずんぐりとした500ml入りペットボトルとなっています。
ペットボトル上部の飲み口にかけてすぼまっていく部分は縦に立体的なラインが入っているのみでいたってシンプル。
全体のオレンジベースのラベルには、中央よりやや上に黄緑色のリボンで『生オレンジ抽出製法』と表示されています。
リボンの上側には緑色の文字で『生オレンジティー』『-Orange Tea-』と商品名が表示されています。
リボン下側には、オレンジの断面のデザインが描かれ、中央にはTEAs’ TEA NEW AUTHENTICのロゴマークが描かれています。
下部には小さく『生のオレンジスライスと茶葉を一緒に抽出し、オレンジ果汁を加えてつくった紅茶です。』と説明されています。
パッケージはボトル周囲に1/3ずつデザインされていて、残る1/3は、同じデザインでリボン下側に『生オレンジ?!ティー』『生のオレンジスライスと一緒に淹れた紅茶に、オレンジ果汁をひと絞り。やさしく香るオレンジティー』。1/3が、栄養成分や原材料の表示等、となっています。

『TEAs’ TEA NEW AUTHENTIC 生オレンジティー』の栄養成分表示

TEAs’ TEA NEW AUTHENTIC 生オレンジティーの100ml当たりの栄養成分表示は下記のようになっています。

エネルギー 18kcal  500mlペットボトル一本当たりでは90kcalとなります。
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 4.5g
食塩相当量 0.03g

果汁は1%となっています。

『TEAs’ TEA NEW AUTHENTIC 生オレンジティー』を飲んでみる

ペットボトルのフタを開けると、香りはあまり強くは有りません。
ほんのりとした紅茶とオレンジの香りがする程度です。香料が入っていないので、自然な香りのみなんですかね?
味の方も、オレンジはほんのり感じる程度です。
変な人造の味がしない、自然な感じの紅茶にしあがっていて、ゴクゴク飲めてしまいます。

パッケージにルールが有るって知ってました?

果汁飲料の内、100%のモノ以外では、パッケージのデザインに『果実から果汁のしずくが落ちている等の表示 及び果実のスライス等』は使ってはいけないのだそうです。
あれ?!今回の『TEAs’ TEA NEW AUTHENTIC 生オレンジティー』は果汁1%だけど、オレンジの断面画像が使われているよ?!
疑問に思い調べてみると。
上のルールはあくまでも『果汁飲料』の決まりで、紅茶飲料、はっ 酵乳、乳酸菌飲料、酒類、粉末飲料、野菜汁が果汁の使用量を上回るモノについては、含まれないそうです。
なんだか、いろんなルールがあるんですねぇ。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*