未分類

水辺に見かける蛍光ピンクの桑の実状の塊。正体は??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イネの根本に蛍光ピンクの物体が!

この時期田んぼや水路の水面より少し高い濡れない位置に、蛍光ピンクの小さな葡萄のような粒粒の塊が沢山見られます。
場所によってはコンクリートの橋げたにびっしり、なんていう場所も。

ピンクの塊は外来種の卵。

このピンクの塊は卵です。
産みつけていったのは世界の侵略的外来種ワースト100に名を連ねる要注意外来生物『スクミリンゴガイ』。通称『ジャンボタニシ』です。
タニシと名前がついていますが、暫定的に同目とされてはいるものの新生腹足類内でもあまり近い種類ではないと考えられています。

南アメリカ原産の巻貝です。

スクミリンゴガイの故郷は南アメリカのラプラタ川流域ですが雑食性。鰓、肺両方で呼吸可能なため
乾燥にも耐性があり世界中で定着、繁殖しています。
もともと暖かい地域の貝ですので耐寒性はそれほど高くなく、-3℃程の環境におくとほとんどの個体が3日以内に死亡するというデータもあります。
主に西日本で猛威を振るっていますが、近年の暖冬の影響か生息地域は徐々に北上しているともいわれています。

どのくらい大きくなるの。

ジャンボ タニシの大きさはどのくらいになるのでしょうか?
タニシ
殻高は1cm~8cm程度で、5cm以下の種が多い。
スクミリンゴガイ
殻高は5cm~8cm 程度。
スクミリンゴガイはずんぐりした形状の為、8cmとなると相当大きいです。

天敵は少なくかなりの繁殖力をもっています。

蛍光ピンクの卵内部には神経毒のPcPV2が入っており、食べると苦味があります。
この毒と色彩によって卵は守られており、卵の時期に天敵となるのは昨年話題となったヒアリのみと言われています。

日本に持ち込まれたのは1981年で台湾から食用として和歌山県と長崎県にやってきました。
その後養殖場が一機に増えましたが、淡水の貝を食べる習慣が余りないため、食用として定着せず養殖場から廃棄されたものや逃げ出したものが繁殖したと言われています。

天敵はいないの??

卵の時期の天敵は,、原産地においてもヒアリのみと言われています。
成体では、コイ、スッポン、カルガモなどがスクミリンゴガイを捕食します。
スッポンの大量放流によって駆除を試みている地域もありますが、今度は放流したスッポンを捕食するヒトが問題となっています。

若いイネを食べる為水田に深刻な食害が…

水田では若い稲を食べるため、食害が深刻な問題となっています。
成長して硬くなった稲はあまり食べないので、除草に使う方法もあるのですが、管理が難しくあまり普及していません。

深い溝を作らず田をならし、田植え直後一度水を抜く。その後、水深を1日1mmずつ上げると、スクミリンゴガイは雑草の芽を食べる。10日後に水深を5cmとする。稲の株元が固くなるので稲よりも生えてくる雑草を好んで食べるので除草剤を使わなくてもよい。
兼業の農家さんだとちょっと難しそうですね。

駆除の方法もいろいろと考えられてはいるものの、水田の中だけでなく、水路などでも繁殖して、水田に移動するために駆除には地域ぐるみでの協力体制が必用でなかなか難しいのが現状です。

天敵も少なく水路や水田が多い日本はスクミリンゴガイにとって快適な環境だっただろうと推測できますね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*