釣り

錦港の赤灯台『竜宮鼻』へ釣行…の予定が…【初心者釣り記録】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
塩浜山村広場

錦港の赤灯台に行ってみたい

錦港は釣りで有名ですが…

錦漁港白灯台
錦漁港の釣り場は『白灯台』が有名なのですが、しばらく前に工事が行われ人気だったテトラ帯側が高く進入できなくなってしまいました。
他にもいくつか突堤があるのですが、釣り座自体は小さいため、あまり人数は入れません。

錦港は全体に波の穏やかな錦湾内となるので、レンタルボートの船釣りや渡船による磯釣りなどがメインの釣り場となっているようです。

向井ヶ浜遊パーク
先日、錦漁港にある『トロピカルガーデン』に行ってきました。
こちらは、人工的に造ったリゾートビーチとなっています。トロピカルガーデンの外周からも投げ釣りをしている方がいるようですね。
こちらは『イカ』等が釣れるようです。

赤灯台では釣りできないのかな?

ところで、トロピカルガーデンからは錦港の赤灯台が見えています。

錦竜宮鼻
釣りをしている人の姿は見えないのですが、すごく良さそうですね。

車道は錦のトロピカルガーデンで終わっていますので、赤灯台に向かう為に考えられるルートは大まかに3つです。
渡し舟
海岸沿いに徒歩
山越え

渡し舟・レンタルボート

渡船は漁港周辺に何件か有る様子です。
レンタルボートも有りますが、免許なしの航行エリアでは行けないネットにアップされている航行エリアマップを見ると周辺がポイントとして書かれているのだが、どうやって行くのだろう?

海岸沿いに徒歩

錦
トロピカルガーデンから海岸線沿いに徒歩で移動するルートは、散歩をしていた地元の方によると、『途中泳がなあかんような場所がある』とのことなので、干潮をうまく利用しないと無理そうか?トロピカルガーデン横の磯場ですら、既に行ける気がしない…無理でしょコレ。
錦漁港側から見えない岬の向こう側は、航空写真で見る限りでは、錦漁港側より磯場が多くて歩きづらそうなうえに、そもそも向こう側には民家はおろか、道もありません。

山越えルート

上記の地元の方によると、山越えのルートがあるらしい。
ただ、どこから入るのかが不明。
色々と探してみましたが、『山越え』『獣道』などサラリと書かれているのみのページしかヒットしませんでした。

まぁ、釣りをしているヒトは、釣果がブログのメインでしょうし、わざわざルートの紹介なんてしませんよね。
灯台マニアさんや、山歩きさんのブログ等で、ようやく赤灯台の名称を発見しました。
錦漁港から見えていた赤灯台は『錦港東外防波堤灯台』竜宮鼻という場所になるらしいことが判りました。

『竜宮鼻』で検索すると、釣り人のブログが結構見つかりました。
キスヤエン釣りで人気のスポットの様子です。

山越えルートは姫越山の登山道から分岐していく

赤灯台に向かう山の周辺には総延長3,258 kmもある長距離自然歩道の『近畿自然歩道』と言う遊歩道の一部が整備されているのですが、近畿自然歩道にアクセスする山の上の広場から、灯台方面に降りていける山越えルートが有る様子です。
山歩きを趣味としている方のブログなどから、どうやら周辺は『姫越山』『芦浜池』といった景勝地をメインとした山歩きのコースが有るらしいことが判明し、竜宮鼻に向かうらしいルートも見つかりました。

姫越山標高503mと低めですが、登山のスタート地点がほぼ海抜0mからスタートできるので、歩きごたえはありそうです。
錦周辺には津波時の避難場所が多く整備されていて、登山道も同時に津波の際の避難路として整備が進められたようです。

登山をする方が利用するアプリを利用することで、大体のルートも把握できました。
ルートとしては、トロピカルガーデンの脇から山に入っていくルートと、塩浜山村広場から山に入っていくルートが有る様子。尾根伝いのルートのため、トロピカルガーデンからのルートが途中で塩浜山村広場からのルートと重なる感じでしょうか、距離としてはトロピカルガーデンから向かうコースの方がスタート地点の海抜がほぼ0mと言う事もあり、アップダウンが大きく、距離も200m程遠くなる様子です。

Googleマップからスタート地点が消える?!

あれこれ調べていたのですが、ある日『塩浜山村広場』が突然Googleマップ上から消滅しました。
確かに存在していた、場所の口コミ情報や近くに表示されていた黒鳥展望台など表示も唐突になくなってしまいました。
正確には、場所を入力すると場所の候補としては表示されるのですが、地図上からは消えてしまっています。
口コミには、工事中等で行けない事も有る。なんて書かれていたので不安ですね…。

山越えルートに行ってみたが…

梅雨の明けきらない7月中旬、塩浜山村広場へと向かってみました。
山道
この道は、錦の人達がいざというときに高台へと避難する為のルートとなっています。
普段は姫越山への登山ルートの1つにもなっている様子。
地元のおばぁちゃんが、てくてく登っている最中でした。有事の際の避難ルートも普段から歩く練習をしておかないといけませんね。頭が下がります。
塩浜山村広場
塩浜山村広場はヘリポートもある広場で展望台となっています。
こちらのヘリポートは、大紀町に10カ所あるドクターヘリの離着陸場所の一つなのだそうですよ。

『近畿自然歩道』の整備は、いざという時の避難ルートの確保や保全も兼ねているんでしょうね。
広場には、尾根伝いに登っていく道と、反対側には竜宮鼻方向に向かう道が…

塩浜山村広場
まさかの閉鎖されていました
かなり広めに高いフェンスが建てられ、鍵もがっちりかけられていて『誰も通さない!!』という決意のようなモノすら感じる気がします。
どこぞの『危険な堤防で施錠されているけど、鍵の番号が出回ってますよー』というような感じでも無さそう。
向こう側に見える登山道はよく整備されている様子なんですが、扉は誰も出入りしていない事が、ものすごい勢いで張り巡らされたクモの巣からも明らかです。
すぐ近くに、下の浜に降りていく遊歩道があるのですが、遊歩道は細くて滑りやすく脇道にそれるのは危険すぎて無理そう。
梅雨の切れ目で、足元も濡れていて、探検に行くのはリスクが高すぎと判断して他のルートを探すのは断念しました。

ちなみに塩浜山村広場から麓の『トロピカルガーデン』までは550m。
トロピカルガーデン側の登山口は特に閉鎖はされておらず、扉も開放されており上が閉鎖されているというような案内もありませんでした。
迂回ルートがあるのでしょうか?登って行って塩浜山村広場で行き止まりになってたら悲しいなぁ

錦の『竜宮鼻』は、東伊豆の河津の『竜宮の鼻』のように『駐車場から、3分程度で釣り場にアクセス可能なお手軽磯』といった手軽にアクセスできる場所ではありませんでした。

錦港の赤灯台『竜宮鼻』へ行ってみたい…灼熱トレッキング編…【初心者釣り記録】

【海水浴】静かな漁村に南国リゾート?!錦 向井ケ浜 遊パーク トロピカルガーデン【BBQ】

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*