接骨院と整骨院、整体院などの違い。

接骨院・整骨院・整体・カイロ・鍼灸・あんまマッサージ・リラクゼーションサロン?

町に溢れる看板の数々。違いが判りますか?

中には、複数を同一店舗内で行っている店もありますので、ますます訳が分からなくなってしまい、全部同じように考えられている方も少なくありません。

接骨院と整骨院の違いは?

一般に『接骨院』と『整骨院』は、柔道整復師が開業している施術所となり、内容は同じものとなります。

柔道整復師とは

脱臼、骨折、打撲、捻挫、挫傷等に対して、その回復を図る施術を業として行う為の国家資格です。
上記のケガに対して回復を図る施術を行えるのは、医師と柔道整復師のみです。
ただし、脱臼、骨折に対しては応急処置のみとされています。柔道整復師が、初回の処置後に継続して治療を行うには、医師の同意が必要となります。

施術所の名称について~医師だけは明確に分けられています

柔道整復師の施術所についている『接骨』は、折れた骨を繋ぎ合わせる事で、骨折の整復に当たります。最近はあまり見かけませんが、昔は『ほねつぎ』とも呼ばれていました。

施術所の名称には、利用する患者様が誤解して不利益を受けないように、制限が設けられています。

医師法で制限されている名称
医師と紛らわしい名称を付けることはできませんので、『医』が付くような名称を用いることができません。

医療法で制限されている名称
病院、診療所、助産所と紛らわしい名称を使用することはできませんので、『~科』『療院』『治療所』等の名称は使用できません。
こちらは、届け出が必要な施術所では、施術所開設の際の申請時に保健所から注意が有りますが、古い施術所などでは、使われていたりもします。

鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師は柔道整復師と同じく国家資格です

鍼灸師、あんまマッサージ師も、柔道整復師と同じく国家資格となっています。
『接骨院・整骨院』『鍼灸院・はり、きゅう』『あんま、マッサージ』などと看板に表示されていれば、何等かの国家資格を持った、術者がいるお店と思えばよいかと思います。

整体、カイロ、リラクゼーションなどは誰でも開業可能

『整体』『カイロ』『リラクゼーションサロン』など、これらは民間療法で、任意に設立された団体などもありますが、基本的には自由に開業することが可能です。
整体を業として定めている法律は整備されていないので、極端な話ですが、これを読んでるあなたが、なんの知識も持たずして開業しても問題有りません。
法整備されていないという事は、前述の『他業種によって禁止されている表示』を除けば、縛りが無いということでもあります。広告など、専門知識がある人が見ると、びっくりするようなトンデモ理論が掲げられていたり、無茶な行為を行ったりする場所も有りますので注意が必要です。

ただし、開業権のない医療系の有資格者(理学療法士)等が、自分の経験と知識を生かして、開業されているような施術所も存在しますので、必ず悪いという訳でもありません。きちんと情報を集め、見極める事が大切です。