接骨院で健康保険は使えますか?

接骨院(整骨院)で健康保険は使える?

接骨院(整骨院)では健康保険を使用して施術を受けることが可能です。

ただし、健康保険を使用して療養費の支給を受けられるのは
『骨折』『脱臼』『捻挫』『打撲』『挫傷(肉離れ)』のみと法により定められています。
よくある受傷ですと、ギックリ腰や急に痛み出した四十肩等が利用可能となります。
つまり、『いつ』『どこで』『何をして』発生したのかが、はっきりしている外傷ということになります。

※骨折と脱臼については、接骨院において初回の施術のみが認められているのみで、引き続いての通院には医師の同意が必要となります。骨折・脱臼の施術時には『紹介状』をお出し致しますので、紹介状を持って、整形外科へ受診をお願い致します。
整形外科でレントゲン撮影等の検査を受けることで、骨折の状態や、脱臼の整復位の確認を正確に診断する事が出来ます。
※慢性の痛み、筋疲労等に対するマッサージ、同一外傷に対して医療機関との併用などでは、健康保険は使用できません。

支払いは原則償還払いですが、受領委任払いの利用が可能です

接骨院での施術料は、原則として患者様が療養費を全額支払い、その後、保険者に対して請求を行う『償還払い』という方法で処理されます。
この方法ですと、患者様の負担が多くなってしまいますので、接骨院では『受領委任』という方法を取る事が認められています。

償還払い

  • 患者様が接骨院に療養費の全額を支払い→患者様が保険者に保険負担分を請求→保険者から患者様に保険負担分支払い

受領委任払い

  • 患者様が接骨院に自己負担分を支払い(→接骨院が保険者に保険負担分を請求)

『受領委任払い』を使用することで、患者様は、通常の保険医療機関に掛かった場合と同様に、接骨院で健康保険の自己負担分のみを支払い、施術を受けることが可能となります。
残りの費用は、委任を受けた柔道整復師が代行し、保険者に対しを請求を行いますので、支払いに関わる書類の作成など、煩わしい手続きなどが不要となります。

整体では保険を使用することができない?

ここで注意が必要となるのが、いわゆる『整体』です。
『接骨院』と『整体院』は名前が似ていますので、何となく同じだと思っている方も多いのですが、

整体では保険を使用することができません!!

ケガ(外傷)に対するアプローチをすることができない、と言ったほうが良いでしょうか。
『骨折』『脱臼』『捻挫』『打撲』『挫傷(肉離れ)』に対しては、医師柔道整復師を除き、『業として治療・施術を行う事』が法により禁止されていますので、これらのケガに対し整体で何かをしてもらうことはできないのです。当然、健康保険を使用することも出来ないことになります。

業とするとは:反復継続の意思をもって施術を行うことで、報酬の有無や回数を問わず、1人に対し1度の施術を行った場合においても業として行ったことになる。

※接骨院、整体院等の違いにつきましてはこちらの記事をご覧ください↓
記事リンク:接骨院と整骨院、整体院などの違い

接骨院の料金はどのくらい?

接骨院で健康保険を使用して施術を受けた場合の、自己負担金の目安は下記のようになります。

・初見日
1割負担 240円~(320円が目安)
2割負担 470円~(640円が目安)
3割負担 710円~(960円が目安)
・2回目
1割負担 100円~(160円が目安)
2割負担 200円~(320円が目安)
3割負担 300円~(490円が目安)
・3回目以降
1割負担 60円~(120円が目安)
2割負担 120円~(240円が目安)
3割負担 180円~(370円が目安)

近頃では、保険対応外の自由診療をメインとして営業している接骨院もあり、そういった接骨院の中には健康保険が適応可能な受傷であっても、受領委任払いに対応していない場合があるようです。

松阪こた堂接骨院では『受領委任払い』に対応いたしておりますので、健康保険適用の外傷につきましては、自己負担金のみで施術を受けることが可能です。
※患者様の代理で保険の請求を行いますので、委任状にサインが必要となります。