子供玩具

80年代に大ブームの玩具 2021年の今、熱中&大苦戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ルービックキューブ

昔懐かしのルービックキューブ

ルービックキューブブーム覚えてますか?

ルービックキューブって知ってますか?
一面が3x3の立方体で、各面がカラフルに色分けされており、色々な方向に回して6面の色をそろえるアレです。

意外に歴史は浅く、1974年ハンガリーの建築学者でブダペスト工科大教授のエルノー・ルービックと言う方が考案されたそうです。
日本での発売は、1980年で、1981年にかけて日本国内で大ブームとなりました。
確かに、子供の頃我が家にルービックキューブが有ったのも丁度その頃でしたね。
ルービックキューブが大ブームになったのは覚えています。

そんなことを思い出していたら、なんだか無性にやりたくなって、買ってしまいました。

ルービックキューブならぬスピードキューブ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スピードキューブ 3×3 ルービックキューブ 立体パズル 競技 ゲーム パズル 脳トレ
価格:1080円(税込、送料別) (2021/3/17時点)

楽天で購入

 

ルービックキューブ
今回購入したものは『ルービックキューブ』ならぬ『スピードキューブ』という商品。

『ルービックキューブ』は、メガハウスの登録商標で、ライセンスを取得していないメーカーのモノは違う名前で販売されていますが、一般にはそれらも含めて『ルービックキューブ』と呼ばれているんだそうです。
成る程…『ジープ』みたいな感じでしょうか。
この記事では、わかりやすいように商品名を『ルービックキューブ』で統一することにしますね。

さて、私が買ったルービックキューブ、メガハウスのルービックキューブと違いは何?と聞かれても判りませんでした。まぁ、当たり前ですね。
形も同じですし、色も『世界標準配色』と『日本配色』というのが有るようなので「ここに違いが?」とも思ったのですが、本家メガハウスのルービックキューブと同じ『世界標準配色』でした。

ルービックキューブ
見るからに中国のパッケージですねぇ。
パッケージの男性は著名な方なのでしょうか?

ルービックキューブ
商品名は『魔方』
魔域文化という会社が造っているようです。

ルービックキューブ
入っていた説明書も、当然中国語ですが…
構造と、動かし方の説明なので、中国語が判らなくても問題なしですね。

ルービックキューブ
裏側には、解法らしきモノも描かれています。

早速、試しに少し回転してみると、軽い力でクルクルとよく回ります。
物凄くスムーズ!!
昔、家に有ったヤツと全然違う!!単純そうな玩具ですがちゃんと進化しているんですね。

ルービックキューブ6面揃えに挑戦

今まで一度も成功したことのない6面揃え

皆さんは、ルービックキューブを6面揃える事ってできますか?
子どもの頃、大ブームでルービックキューブを持っていたにも関わらず6面なんて揃ったことが有りません。
大人になった今、新しく手に入れたルービックキューブで暫くやってみましたが、やっぱり揃う気がしない…。
子どもの頃は、本当に頑張って自力で6面揃えるしかなかったですが、時代は変わっています。
今や、生活になくてはならない”インターネット”と言う強い味方がありますからね。
試しに『ルービックキューブ解き方』で検索してみると、攻略法のサイトがいくつも見つけられました。

ルービックキューブ公式ホームページに頼ることに

ルービックキューブの商標を持っているメガハウスさんの、ルービックキューブ公式HPに図解と動画付きでLBL法という解き方の解説がありましたので、その通りにやってみました。

LBL法はLayer By Layerの略で、ルービックキューブを一層づつ順番に揃えていく方法で、この方法を発展していくと物凄い速さで6面を完成させることが可能なんだそうです。

6面揃えを始める前に

ルービックキューブの構造と、各部分の名称を覚えておくと、解説がスムーズに理解できると思います。

まずは、色です。6面ありますので、6色あります。
世界標準配色は、白・青・黄・緑・赤・オレンジの6色となっています。

色の並びも決まっているみたいで、立方体の展開図(横棒が長い十字架を想像してください。横棒には4面・縦棒には3面あります。)で説明すると、横棒の4面は、白・青・黄・緑で、青を中心とする縦棒は、青の上がオレンジ、青の下が赤となっています。
つまり、青の反対面は緑、オレンジの反対面は赤、白の反対面は黄となるようになっています。

ルービックキューブは、キューブの集合体ですよね。その各キューブにも名称があるようです。

  • センターキューブ:面のど真ん中にあるキューブ(ルービックキューブ1個に6個ある)
  • コーナーキューブ:立方体の角にあるキューブ(ルービックキューブ1個に8個ある)
  • サブキューブ:その他のキューブ(ルービックキューブ1個に12個ある)

段にも名称があり、一番上が上段・真ん中が中段・一番下が下段となっています。

6面揃えチャレンジ開始

HPとにらめっこしながら、とにかく指定の手順通りにキューブを回転させていきますよ。

まず、青の面が上と決めます。

青面に十字を作る

ルービックキューブ
青面に十字ができるように揃えます。コーナーキューブが青になっていても構いません。
この時に、他の面の中段のセンターキューブの色と、青色の十字とくっついているサブキューブの色が同じになるように揃えます。
上の写真ですと、黄のセンターキューブと上段のサブキューブ(青の面と接しているキューブ)が同じ黄、オレンジのセンターキューブと上段のサブキューブが同じオレンジになっていますよね。

さらっと書いてありますが、ここまで揃えるのにすでに四苦八苦しました(笑)。

青面と接している面の上段をすべて同じ色にする

ルービックキューブ
続いて、青面のと接しているコーナーキューブが、センターキューブと同じ色となるように揃えます。
上の写真では、青面が上になっていませんが(汗)、青面を上と考えてもらって、センターキューブが黄の面の上段すべてのキューブが黄、センターキューブがオレンジの面の上段すべてのキューブがオレンジとなるようにします。

緑面・青面の以外の面の中段をすべて同じ色にする

ルービックキューブ
続いて、中段のサブキューブの色を揃えます。
指定の手順でカチャカチャと動かしていくと…なんとかできました。
画像だと、底面が青色ですが(汗)、見えていない黄面とオレンジ面も2段色が揃った状態になっています。

緑面に十字を作る

ルービックキューブ
次に、青面と対面に当たる緑面で十字を作ります。この時は、他の面の中段のセンターキューブの色と、緑の十字とくっついているサブキューブの色が同じになっていなくてもOKです。上の写真でも、オレンジのセンターキューブなのに、緑と接しているサブキューブは赤ですよね。
段々手順が複雑になってきますが、何とか出来ました。

緑面を完成させる

ルービックキューブ
今度は、緑面を揃えます。
手順通りに操作していくと…緑面が揃いました。
これで、底面の青面と緑面の2面が揃いました。

緑面と接しているコーナーキューブをセンターキューブと同じ色にする

ルービックキューブ
続いて、緑面と接しているコーナーキューブを、センターキューブの色と合わせます。
上の写真でも、センターキューブが黄だと、緑面と接しているコーナーキューブも黄、センターキューブがオレンジだと、緑面と接しているコーナーキューブもオレンジになってますよね。
手順がややこしくて、一度どこか判らなくなってしまうともはや復旧は困難です…。

サブキューブの色を揃えたら完成!

コーナーキューブの色が揃ったら、最後に残った緑の十字と接しているサブキューブの色を、センターキューブの色と合わせれば…。

ルービックキューブ
じゃーん!!
6面揃える事に成功しました!!
同梱されていた説明書に描かれていた手順も、この方法を表したモノのようですね。

攻略法を見ながらの6面揃えでしたが、1時間程掛かけて完成。
携帯の画面の小さな説明を見ながらでしたので、間違えて何度もやり直すなど大苦戦の長い道のりでした。

上級者の6面揃えるタイムはどのくらい?

上級者だと、どの位の時間で6面揃えるのかと調べてみました。
ルービックキューブの6面を揃えるスピードを競う競技は、『スピードキュービング』と呼ばれており、専用のタイマーなども販売されているメジャーな競技らしいです…。
専用タイマーはのマホアプリまで有りましたよ。

そして、世界記録のタイムは…

3.47

という数字が出てきました。
ほうほう、4分弱でできるんだー…と思ったのですが、違います。
なななんと3秒47!!!
トップクラスともなると10秒未満のタイムで6面揃えてしまうんですって。
YouTubeなどにも動画が有りますが、最早意味が判らないレベルです。

そこまでのレベルまで頑張らなくても、脳トレや指先の巧緻性訓練に良さそうなので、攻略法を見なくても出来るくらいまでは頑張ってみようかな。

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*