松阪こた堂接骨院~交通事故施術・腰痛施術~

松阪こた堂接骨院は、三重県松阪市西之庄町(まつさかし)にあります。腰痛施術・交通事故施術で実績、安心丁寧口コミ評判の整骨院です。整形外科勤務有。駐車場完備。健康保険・自賠責保険対応。お気軽にご来院ください。

ホームページ

Googleストリートビューを自作する。その6~認定フォトグラファーになる

投稿日:

Googleストリートビューを自作。認定フォトグラファーへの道

しつこいSEO対策業者からの営業電話で知った、Googleインナービュー(ストリートビュー)。
調べてみると余程クオリティに拘らなければ、十分自作できそう。
せっかくなのでGoogle認定フォトグラファーになるべく、360°撮影ができる全天球カメラRicohシータSCを購入し、手近な場所での撮影で操作の練習を行いました。

Google認定フォトグラファーとは?
Google社がGoogleストリートビューを撮影するための、一定の技術が有ると認めるカメラマンといった感じでしょうか。
Google認定フォトグラファーになるためには、Googleストリートビューに、360°写真を公開し、Google社の審査をクリアした画像が50枚に達すればよいだけです。
審査は公開した360°写真の画質連結性適切さなど、一定の基準が評価されます。

認定フォトグラファーになるのは簡単?

スマホだけを使用して、360°写真を50枚撮影するのは結構大変です。
しかし360°撮影できるカメラを持っていて、普段から撮影しているような方なら、フォルダの中の画像から、使えそうなモノを公開するだけでOKです。
ローカルガイドで、店内画像なんかを頻繁に公開している方だと、気づかないうちに既に認定フォトグラファーの要件を満たしているかもしれません。

公開する360°画像は、別の場所である必要もありません。
Googleでは、ストリートビューの適切さについての『連結性』の項目で、画像の撮影間隔を屋内では 1m、屋外では 3mとしています。
例えば、近所の公園に150mの遊歩道があれば、一周分のストリートビューを作成すれば、それだけで50枚の公開が達成できてしまいます。

11月20日認定要件の50枚公開を達成しました

前回の記事で大きな公園の遊歩道を利用して、42枚の360°画像を公開しました。
ストリートビューを自作:360°画像を連結する
最初に作った、スマホカメラで撮影した360°写真のストリートビューや、練習で何枚か撮影したものも合わせて、360°画像の公開枚数は、11月20日段階で、55枚となりました。

公開した 360° 写真が 50 枚に達すると、認定フォトグラファーとしての活動を打診する招待状がストリートビュー アプリに届きます。

Googleのストリートビュー認定プログラムの認定の要件には上記のように記載されています。

認定フォトグラファーの招待状が届かない

画像はすぐに公開されたのですが、『認定フォトグラファーとしての活動を打診する招待状』が届きません。
アプリに届くといっても、ストリートビューのアプリには『お知らせ』的な場所がないですし、Gメールにも届きません。
画像は、問題なく公開されているようですし、結構時間がかかるのでしょうか?

試しに、ストリートビューのアプリの設定から、『請負可能』を選択してみました。

先週押してみた時には、押せなかったのですが、請負可能を選択できるようになっていました。
同時に、メールが届きました。

バッジを取得してリストに名前を登録する

ネットで検索してみると、アプリに招待がこないというのは割とよくある事のようです。

認定プロフェッショナルには認定バッジが付与され、オンラインリストに名前を載せることができるようです。
リストに名前を掲載し、バッジを取得するにはフォームに記入が必要な様子。
クリックしてみると…

グァッ!
HPが少し減ってしまった気がしましたが、よく見ると言語を選択するだけの画面でした(笑)

日本語を選択すると無事、フォームが現れました。

フォームに記入すると、英語のメッセージが表示され、登録が完了しました。

かくして、Google認定フォトグラファーとなりました

Google認定フォトグラファー 松阪こた堂 となりました。

電話番号とメールアドレスを公開する必要があるので、趣味で登録するにはちょっとハードルが高い気もします。

請負可能のスイッチをONとすると、自分のアイコン右下に表示されるバッジが、ローカルガイドの『星』からストリートビュー認定プログラムの『認定バッジ』となりました。
スイッチをOFFにすると、ローカルガイドの星バッジに戻ります。

認定フォトグラファーになることで、特別提供ツールが使用可能になったり、認定フォトグラファーだけが利用できるサイトで、情報交換など出来るようです。

 

スマホだけでストリートビューを作成できる!?

Googleストリートビューを自作する。その1~全天球カメラを購入~

Googleストリートビューを自作する。その2~RicohシータSCの操作

Googleストリートビューを自作する。その3~画像を加工し公開する

Googleストリートビューを自作する。その4~撮影者の隠れ場所を作る

Googleストリートビューを自作する。その5~撮影画像を連結する

-ホームページ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Googleストリートビューを自作する。その5~撮影画像を連結する

目次1 Googleストリートビューを自作。認定フォトグラファーへの道1.1 Googleは屋外での撮影間隔を3mとしています。1.2 公園でストリートビューを作ってみます1.3 まとめて公開しようと …

Googleストリートビューを自作する。その1~全天球カメラを購入~

目次1 Googleストリートビューを自作、認定フォトグラファーへの道1.1 360°パノラマ写真を撮影できる機材を購入しました1.2 RicohシータSCはこんな感じです1.3 ストリートビュー撮影 …

ブログ村

ブログ村対策だけに記事を書いてはいけない?【SEO対策】

ブログ村対策だけでは、将来後悔する ブログ村対策で記事を書くと、将来、後悔するとの記事を読んだことがあります。 ブログ村で新着やトラコミュで目立って、アクセス数を上げようとすると一瞬は上がるのですが、 …

スマホだけでストリートビューを作成できる!?

目次1 自分でインナービューを撮影してみる。1.1 ストリートビューの作成手順1.2 画像を公開する前に加工します。1.3 リスティングを設定します。1.4 画像の加工が終わったら公開します1.5 出 …

Googleストリートビューを自作する。その2~RicohシータSCの操作

目次1 Googleストリートビューを自作。認定フォトグラファーへの道1.1 まずスマホとシータをWi-Fiでリンクさせます1.2 実際にシータを使って撮影してみる。1.3 映り込みを気にするなら、工 …