クチコミ レビュー

24時間フロアセントラル換気システムのフィルター交換【ミサワホーム】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
24時間フロアセントラル換気システム

ミサワホーム24時間フロアセントラル換気システムフィルター交換

高気密住宅技術の進歩やシックハウス症候群対策として制定された24時間換気システム

その昔日本の家屋と言えば、日本の四季がある湿度の高い特有の環境に適応して、畳や障子、土壁など乱暴に言えば隙間風上等な構造となっていました。

夏には窓を開け、冬には囲炉裏や火鉢で火を焚く。
近代においては、スイッチ一つで暖房も冷房も除湿も加湿も思いのままです。
建築技術の進歩に伴い、家屋自体の気密性も上がり、ライフスタイルの変化から、あまり窓を開け放って換気なども行わなくなってきました。
気密性が上がると、冷暖房の効率は良くなりますが、シックハウス症候群の原因になるような化学物質や、生活による湿気や臭い、ストーブなどによる二酸化炭素などは室内に留まりやすくなってしまいます。

2003年7月の建築基準法の改正により、すべての建造物に24時間換気システムの設置が原則として義務付けられました。
建築基準方によって定められた、24時間換気システムの基準値は、『1時間で部屋全体の空気が半分以上入れ替わる』ということになっています。
住宅メーカーでは、各社それぞれに特徴ある商品を開発し、売り込みをしています。
しかし、家を建てる時は、『24時間換気装置』なんて言われても、正直あまりピンときませんし、24時間休みなく動かしっぱなしって、電気代の無駄じゃないの??位の認識です。

『あまり気にしない』人が多いのではないかと思います。

悪い空気は出ていくが『外気=良い空気』ではないという落とし穴

しかし、この『24時間換気システム』24時間365日稼働しているだけあって、定期的な清掃が必要となってきて、実際に生活していると結構な手間がかかります。
定期的な清掃はもちろんですが、花粉やPM2.5を取り除くようなフィルターが付いているような機械では、定期的な清掃に加えてフィルターの交換が必要になりますので、定期的にそれなりの出費が必要になってきます。

これから家を建てる方は、是非各社でフィルター交換の手順や、交換が必要となるパーツの値段なんかも確認しておくことをお勧めします。
可能なら、モデルルームなどで、実際に自分で作業させてもらうと良いかもしれませんね。
簡単に手が届かないような位置に取り付ける場合には、交換清掃などに必要となる脚立などの収納や展開スペースも考えられると良いかと思います。
実際、新居を計画する際にそこまで考えられる程の余裕のある方はそれほどいないと思いますが、『できる』営業さんだと、そこまで考えて位置を決めてくれていたりします(残念ながら実際に住み始めた後でしか気づけませんが)。

ミサワホームの24時間フロアセントラル換気システム

ミサワホーム24時間フロアセントラル換気システムは天井取付で、当家ですと1階と2階それぞれの洗面台の上付近に設置されています。
壁に取り付けられたスイッチにタイマーが付いていて、任意に設定した期間が過ぎると点滅してお掃除のタイミングをお知らせしてくれます。
田舎だからか、システム内の防虫ネットには結構な数の虫が溜まりますし、フィルターのスポンジにもホコリが溜まります。
浴室の前の洗面台に取り付けられた方の機械は、湿気の為かホコリの付着が物凄い事になっています。

3年使用したフィルターは大変なことになっていた

1月のある日、フィルターの掃除をしていると…

24時間フロアセントラル換気システムフィルター

?おや??
なんか剥がれてきました???

24時間フロアセントラル換気システムフィルター

高補集フィルターに溜まったホコリが層状に固まってる?!?!
しつこく掃除機で吸い出して、結構キレイになりましたが、そろそろ交換時期かな。

24時間フロアセントラル換気システムフィルター
という訳で、フィルターを新品交換する事にしました。

24時間フロアセントラル換気システムのフィルター注文はWebでOK

ミサワホームの換気扇フィルターは、『ミサワオーナーズクラブ』のHPを介してネットで注文することができます。

まずはインターネットで『ミサワオーナーズクラブ』にアクセスします。
契約時に入会した覚えは有ったのですが、一度もアクセスしたことはありませんでした。
何回入力しても判らないので、結局パスワードの再登録を行いました。
パスワードの再設定は、
送られてくるメールを開き、物件番号もしくは契約番号を入力してから、再設定します。

ミサワオーナーズクラブログインして、お手入れとメンテナンス→空調・電気設備→24時間フロアセントラル換気システム→部品販売と進みます。
『らいさぽWEB』に繋がりますので、そちらで注文したい消耗品を探します。
TVS-33Cなどは、らいさぽ連動カテゴリー→換気・空調から探すと見つかります。
『換気・空調』のカテゴリーから、使われている機器のフィルターを探します。

空調機器の型番は、カバーを開けると、機械にシールで張り付けられています。
当家の24時間フロアセントラル換気システムの型番は『MEAS-A6-ME』東プレ株式会社製の機器となります。

交換パーツは、熱交換器とフィルター、フィルターのみ、防虫ネットのみなど有ります…
フィルター交換は、1年~3年に1度
熱交換器の交換は、7年~10年に1度なのだそうです。
お値段は、1個、2個セット、3個セットで値段が物凄く変わります。
今回は、フィルターのみの交換することにしました。

MEAS-A6-MEのフィルターが実際ついているモノと違う?!

該当の型番でフィルターセットを探すと…

?!うちの機械に付いてる、フィルターと形が違う?!

型番で表示されたフィルターは、スポンジ状のものですが、うちの機械についているのは、蛇腹状のフィルターです。
しょうがないので、営業さんにLINEしてみました。

物凄くご無沙汰してますが、ものの数分で電話が掛かってきました。
『PM2.5とか問題になった時期で、高補集フィルターをつけて販売してた(多分)』とのこと、でした。

当家のMEAS-A6-MEにはスポンジ状のフィルターでも高補集フィルターでもどちらでも取付可能なようです。
スポンジタイプだと、スギ花粉を96%捕集します(粒子径30μmの計算法)
高補集タイプだと、粒子径2.0µm以上の物質を99%1.0~2.0µmの物質を約83%捕集できるそうです。

セントラル換気システムMEAS-A6-ME交換パーツのお値段

らいさぽWEBでの、交換パーツのお値段は、

スポンジタイプのフィルターセット
1セット 3280円
2セット 5650円
3セット 7910円

高補集フィルターセット(1年交換タイプ)
1セット 5700円
2セット 10700円
3セット 15300円

高補集フィルターセット(3年交換タイプ)
1セット 14050円
2セット 20700円
3セット 31000円

結構な出費です。
ちなみに熱交換器の交換が必要になると

熱交換器・スポンジタイプフィルターセット
1セット 11920円
2セット 20050円
3セット 28790円

熱交換器・高補集フィルターセット(フィルター50mmタイプ)
1セット 23600円
2セット 39300円
3セット 58900円

と、なっています。
まとめ買いがお得ですが、何年も置いておくはめになりますし、同時期に建築された同じ住宅メーカーが集合しているような場所なら、ご近所でまとめて購入すると良いかもしれませんね。

セントラル換気システムのMEAS-A6-MEのフィルターを交換する

届きました。
水曜日の16:00に注文送信して、金曜日の午前中に発送の連絡メールが届いていました。

早速交換します
今回は、熱交換器の交換はしないので、交換は端のねじ一本で止まっている方のパーツを取り外すだけで可能です。
熱交換器についているスポンジのフィルターは水洗いをしても平気な素材なので、その気になれば、まだ余裕で使えそうですね。
とはいえ、比べると結構汚れています。
24時間フロアセントラル換気システムのフィルター
防虫ネットは、水洗いすると、すぐゴムがダメになってしまいます。そして真っ黒…
24時間フロアセントラル換気システム防虫ネット
高補集フィルターは、以前掃除した時に黒い汚れを取ったので、それ程ではないですが、結構変色していますね。
MEAS-A6フィルター
並べて気が付いたのですが、厚みが違う?!
高補集フィルター比較
間違えたか?!

と一瞬あせりましたが3年交換タイプ1年交換タイプで厚みが違うようです。
高補集フィルターは、側面に印刷された『AIR FLOW』の矢印の先にフィルター枠が来るような方向で取り付けます。
今回交換したフィルターでは、パッキンが付いている場所が、フィルター枠の上部との接触位置となります。
パッキンが無い側が下になります。
元々ついていた32㎜タイプには、上下ともパッキンがついていて、天地は無いようです。

同梱されていた取扱説明書に、正しい取付方向が説明されているのですが、見ずに作業していたので、取付方向が判らなくて少し困りました。方向の矢印はフィルター枠にもついていると良いのに。
※当家の型は元々は高補集フィルター使用モデルでは無かったので、表示されて無いだけかもしれません。

防虫ネットは、まず枠のツメ部分をつまんで引き抜きシステムから取り外します。枠の中を通して袋の縁を枠のツバにゴムを広げて引っ掛けます。
防虫ネットと、フィルターを元通りにはめ込んで終了です。

フィルター交換だけなら、5分も掛からない程度の作業ですが、自分でするのが難しい人には、『取り付けサービス』も有り、こちらも『らいさぽWEB』からフィルターとセットで発注できます。

サイクロン空調換気扇のフィルターを交換する

一緒に注文していた、『サイクロン空調換気扇』のフィルターも交換しました。
当家に取り付けられている製品の型番は『TVS-33C-ME』となります。

パーツのお値段は、

高補集フィルター単品
1個 6200円
2個 11700円
3個 17300円

高補集フィルター・RAフィルターセット
1セット 6600円
2セット 12500円
3セット 18500円

こちらのフィルターは小さくて、掃除機のヘッドを突っ込めなかったので、汚いままです。
24時間フロアセントラル換気システム
汚れ具合が良く判りますね。完全に真っ黒。
オセロが出来るんじゃないかと言う程、色が変わっています。

RAフィルターは、水洗いしても大丈夫な素材なので、その気になればまだ使用できそうです。
とはいえ、汚れが目立ちますね。
※大きさの違いは、影が入らないように斜めに撮影したためで、同じサイズです。
24時間フロアセントラル換気システム
外したフィルターを新しいものと交換して、終了です。
こちらも、フィルター交換だけなら、5分も掛からない程度の作業です。

花粉でも黄砂でもどんとこい!?

住宅にはドアなど開口部も有りますし、トイレなどについている換気扇には、フィルターがついて無いので、花粉自体は屋内にも入ってはきますが、24時間フロアセントラル換気システムは1時間に室内の空気を半分、24時間で12回の換気がなされている状態?ですので、24時間換気装置のフィルターで外気に含まれる、花粉やPM2.5等を取り除くのも、アレルギーや気管が過敏な方には大きな影響があるかもしれません。

ミサワオーナーズクラブの『らいさぽWEB』は、使用方法を覚えれば必要なパーツをネットで注文して、宅配で届くので便利です。
欲を言えば、せっかく個人情報を入力してログインするのですから、パーツ購入ページには、そのオーナーの建物で使用されている製品だけが表示されるとより便利だと思うのですが、システム的に難しいでしょうか。
ミサワホームの関係者の方が、もし見ていらしたら、是非ご検討お願い致します。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*