未分類

成分と形状:最強おすすめ市販人気の水虫治療薬ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
市販水虫治療薬ランキング

市販で水虫の治療薬を買おうと思って困るのは、「どれを選んだら良いかがわからない」ということでしょう。
値段も種類も様々で、パッケージからは、どれも同じように効きそうです。
でも、実は、水虫のタイプやその人との相性によって、効き目が違います。
爪やかかと、指の間など水虫の患部の場所によっても、薬が違ったりします。

では、どれを選ぶのということになりますが、選ぶのは難しくありません。
一緒に見ていきましょう!

今回は、Amazonの口コミなどでも好評な、おすすめの人気水虫市販薬を、ランキング形式でご紹介します。
水虫は、早期の治療が大切で、治ったと思っても根がはっているので、根気のいる治療になります。
ぜひ、あなたにぴったりな水虫治療薬を見つけてください。

市販水虫薬を買うなら選択すべき成分は3つのみ

高価な水虫薬を買ってしまったけど、実は、安い方(ブテナフィン)の方が効果があったとは・・・後悔

高ければ良いと思って買ったが、調べてみたら、古い成分の薬だった!

そうなんですよね。

だって、ダマリンなんて、「L」ならミコナゾール、「グランデX」ならテルビナフィンと成分が違います。
ネットで比べても、売っている店によって値段が違うので、「L」の方が「グランデX」より高かったりすることもあります。
ちなみに、「L」のミコナゾールより、「グランデX」のテルビナフィンの方がが新しくて強力です。
ましてや、製品によって値段が違うので、古い薬のミコナゾールのほうが、新しい薬より高かったりするんですよね。

選ぶべき成分は、ラノコナゾール、テルビナフィン、ブテナフィンの3つ

完治への近道として、選ぶべき成分は、ラノコナゾール、テルビナフィン、ブテナフィンです。

これらは、第3世代と言われ、それぞれの効果の優劣はつけがたいとのことです。
その他の製品は、効果が弱いため、現在わざわざ選ぶ理由がありません。

ちなみに、ラノコナゾールが、一番新しくなり、一番低濃度で効果が得られます。
新しい物好きで値段を気にしなければ、選んでみたいのが、このラノコナゾールということになります。

参考:
アモロルフィンが配合された水虫薬(ダマリンエースなど)は、第三世代でおすすめだったのですが、現在販売中止になっています。
第3世代の中に、ネチコナゾールもありますが、効果が弱いらしいですし、現在販売されてもいません。
候補にあげなかった、オキシコナゾール、スルコナゾール、ビホナゾール、エキサラミド、シクロピロクスオラミン、ミコナゾール、チオコナゾール、トルシクラートは、古い薬です。
特段の理由がなければ、これらの薬は選ばないほうが良いです。

成分から見るおすすめ水虫治療薬ランキング

1.ラノコナゾール
ピロエースZに、ラノコナゾールが含まれています。
同じ名前にピロエースWがありますので、間違えないでください。

【第(2)類医薬品】 ピロエースZクリーム 15g ※セルフメディケーション税制対象商品 あす楽対応

価格:1,216円
(2018/3/25 03:54時点)
感想(0件)

【指定第2類医薬品】ピロエースZクリーム 15g ※セルフメディケーション税制対象商品

新品価格
¥1,260から
(2018/3/25 04:36時点)

2.ブテナフィン
テルビナフィンとこのブテナフィンの効果はほぼ同じです。
値段をみて、決めれば良いでしょう。
リンクは、参考までにアマゾンと楽天です。

【指定第2類医薬品】ビタトレールヒフールV7水虫クリーム 30g

新品価格
¥556から
(2018/3/25 04:21時点)

【第(2)類医薬品】ビタトレール ヒフールV7 液タイプ【セルフメディケーション対象】

価格:677円
(2018/3/25 04:17時点)

2.テルビナフィン
ブテナフィンとの効果は変わりません。
値段を見て決めれば良いでしょう。
リンクは、楽天とアマゾンです。比較してみてください。

【第(2)類医薬品】 フットラッククリーム 20g ※セルフメディケーション税制対象商品

価格:663円
(2018/3/25 04:19時点)

【指定第2類医薬品】フットラック クリーム 20g ※セルフメディケーション税制対象商品

新品価格
¥540から
(2018/3/25 04:20時点)

絶対に水虫を治すなら、2種を併用するのもありかも

テルビナフィンもブテナフィンも、「フィン」で終わっている単語です。
この語尾は、薬の種類を示しています。
ブテナフィンがベンジルアミン系、テルビナフィンがアリルアミン系と違うのですが、基本的な作用機序は同じです。
エポキシダーゼという酵素を阻害することで、細胞膜の合成に必須の物質の合成を阻害する薬です。
それに対して、ラノコナゾールの語尾は「ゾール」で、イミダゾール系です。
細胞膜の合成に関わるチトクローム450という物質に結合することで細胞膜の合成を阻害して菌の発育を抑えます。

ラノコナゾールとブテナフィンとかラノコナゾールとテルビナフィンといった組み合わせで使うと効果がありそうです。
ただ、副作用でかぶれたりする可能性が高くなりますので、リスクを覚悟で2剤併用はするべきかもしれません。

さらには、クリーム液体という風に、製品の形状を変えてみれば、それぞれの良い所どりができそうです。
風呂上りは、浸透力のある「液体」、朝は「クリーム」とか「スプレー」で、足の蒸れを防ぐとか考えても良いかもしれません。

水虫薬の形状

成分は、上記の3種類のどれかを選べば良いですが、形状も選ばなければなりません。
水虫治療薬には、液体、クリーム、軟膏、スプレーがあります。

迷ったらクリーム

クリームは、広範囲でも、かさかさでもジュクジュクでも効果があります。
いろんな症状がある水虫やわからない時、迷ったら、これを選べば間違いはなさそうです。

液体は浸透力が高いが、ジュクジュク水虫には向かない

液体は浸透性が高く、効果が高くなります。
ただ、ジュクジュクした水虫や広範囲の水虫にはむかないです。
ですので、ゆびの間の乾いた水虫には最適になります。
治ったと思った後にも、完治させるためを使い続けるのに向いています。

軟膏は、角化型でかさかさした水虫に使うのが最適

軟膏は、角化型でかさかさした水虫に使うのが最適です。
趾間型には、べたべたして向かなさそうです。

スプレーは効果が薄い

スプレーは、使いやすいですが、効果が薄いと言われています。
ぐじゅぐじゅタイプには使用してはなりません。
ですので、あえて買わないほうが良いのが、スプレータイプです。
でも、ほぼ治った後に、蒸れ防止を兼ねて、使用するものありかなと個人的には思います。

爪水虫は、絶対に病院へ

爪水虫(爪白癬)の場合は、市販では対応できません。
内服が必要となりますので、皮膚科受診をしてください。

治ったと思ってからが勝負

水虫は、薬で治りますが、根治させるには根気がいります。
一時治ったように見えても、水虫は皮膚の奥まで根を生やしています。
ですので、外側が完治してからも、しばらく薬を使い続ける必要があります。

薬だけでは効果が不十分

せっかく治っても、また感染しては意味がありません。
家族全員で取り組み、靴やバスマットなどの消毒や交換を定期的にするべきでしょう。
再発防止のため、シャワーは毎日浴び、患部を清潔にしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*