松阪こた堂接骨院~交通事故施術・腰痛施術~

松阪こた堂接骨院は、三重県松阪市西之庄町(まつさかし)にあります。腰痛施術・交通事故施術で実績、安心丁寧口コミ評判の整骨院です。整形外科勤務有。駐車場完備。健康保険・自賠責保険対応。お気軽にご来院ください。

地域

カツオノエボシ注意報。綺麗なビニールのような見た目ですが、刺されると。

投稿日:2018-05-08 更新日:

太平洋沿岸に、毒のあるクラゲが発生しています。

日に日に暑くなってきましたね。

水辺が恋しい季節ですが、今日は知らないとうっかり触ってしまいそうな危険な生物をご紹介します。

本州の太平洋沿岸でカツオが北上するのと時期を同じくして、不思議なイカダのような生物が海流にのってやってきます。

『ポルトガルの軍艦』Portuguese Man O’ Warと呼ばれるその生物は、まるでポルトガルのカラベル船(Caravel)と呼ばれる小型の帆船のような浮袋を海面から出し、自分ではほとんど遊泳能力はないにも関わらず、風や海流によって海を漂い、海岸にも打ち上げられます。

カツオノエボシは電気クラゲともよばれる危険な生物です。

カツオノエボシと呼ばれるその生物は電気クラゲとも呼ばれています。
しかし実際に発電する器官をもつわけではなく、刺されると電気が走るような痛みがあることから、こう呼ばれています。
大きさは10cm程で10cm~数mにもなる触手があります。
一匹のように見えますがヒドロ虫と呼ばれる小さな個体が多数集まって一つのカツオノエボシとなっています。

名前は知っていても、意外と小さくて、生物っぽくない色なので見落としがち。

テレビなどでも度々放送されていますので、名前は知っているのですが、意外と小さいので気が付かないで見落としてしまいがちです。
藍色の半透明をしており、浮袋をしぼめて潜ることもあるため、海の中では非常に見つけ辛いです。
触手が何かに触れると、表面の視細胞から毒の含まれる刺胞が飛び出し獲物を殺して食べます。

由比ヶ浜海岸近辺でもカツオノエボシが

現在、由比ヶ浜海岸近辺に多数打ち揚げられているそうです。
カツオノエボシの刺胞は刺激に対し、機械的に飛び出すので、カツオノエボシの生死とは関りがないため、打ち上げられた個体であっても不用意に触れると危険です。
知らない人がみると、プラスチックやビニールのように見えますので、綺麗な色に誘われてつい触ってしまいそうですが、刺されるととんでもなく痛いです。

カツオノエボシに刺されたときは

他のクラゲに刺された場合の応急処置はかえって危険な場合があるので注意してください。
酢や真水に対する刺激でも刺胞が飛び出しますので、酢を掛ける、真水で洗うなどをしてはいけません

カツオノエボシに刺されたときは、海水で触手を洗い落とします。この時に素手で触るとその手も刺されますので、手袋をするなど対策が必要です。こすると刺胞を皮膚にこすりこんでしまうので刷り込まないようにしてください。
その後、冷やしながら医療機関に行きましょう。

-地域

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京オリンピック

オリンピックの開会式チケットの値段が29万円!?高いのか安いのか?

目次1 2020東京五輪まであと2年です。1.1 アマチュアスポーツの祭典?1.2 かつては憲章によりプロの参加は禁止されていました。1.3 フェアとアンフェアのせめぎあい。1.4 進化するドーピング …

Twitterトレンド?『俺はカニなのだろうか』。多治見で40.7℃を記録

目次1 使い方の判らない初心者を悩ます謎のトレンドワード。これは一体??2 ツイッターとは?3 トレンドとは?4 よくわかりませんが、話題になっているのは間違いなさそうです5 その他のトレンドワードは …

キツネの恋?!キツネって北海道にいるイメージでした【ホンドギツネ】

目次1 深夜の田舎の住人達1.1 夜のお散歩は夜行性の住人達との遭遇率高し1.2 キツネといえば北海道のイメージ1.3 北海道のキツネとは違う種類なの?1.4 キツネと言えばエキノコックス 深夜の田舎 …

貝毒

大阪湾周辺で貝毒が規制値を超え出荷の自主規制が行われています。

1日までに、大阪府、兵庫県、徳島県などの沿岸を中心に延べ56海域で、まひ性貝毒が規制値を超えて、出荷を自主規制していると農林水産省が公表したとの報道がありました。 この貝毒については、1993年以降最 …

下水道の普及で川は綺麗になりましたが、生活排水はどこを通ってどこで処理されるの?

目次1 イトミミズやボウフラが湧いていたドブ川はどこへ??1.1 どこの家にもあった浄化槽。定期的にバキュームカーが汲み取りに来ていた…1.2 生活雑排水は一体どこへ姿を消したの??1.3 公益財団法 …