車中泊 D:5

車中泊をするにあたり。その3 ~寒さとの戦い~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
車中泊

寒さとの闘い。

キャンピングカーは断熱材が入っていますが、普通の乗用車は殆どが外装の鉄板に配線の通る少々の隙間を開けて、内装のパネルが付いているだけです。
最近の住宅だと窓には二重サッシなんてモノもありますが、普通の車にそんな装備はないです。
エンジンを停止しエアコンが作動しなくなると、すぐに外気温との闘いが始まります。

しっかり睡眠をとらないと、レジャーも楽しめませんよね。

体調を崩してしまっては元も子もないですから、防寒装備は良いものを使うのが良いと思います。
収納場所を取らずに、しっかり防寒できるモノとなると、登山用品がお勧めです。
冬の山に登られるような方は、雪の積もっている場所に、薄いテントを張って中で寝る訳ですから、そこで寝ることのできる装備なら、車の中はさぞや天国でしょう。

車中泊ならば、荷室に余裕さえあれば普通の寝具を持っていくことも可能です。
しかし、登山をする方が大きな羽根布団を持っていくわけには行きませんので道具は非常にコンパクトにできています。
車中泊でも、小さな車や沢山荷物のある場合には、小さく収納できる寝袋はとても便利です。

寝袋はスポーツ用品店やホームセンターで実際に見られます。

アウトドアブームのためか、寝袋はホームセンターでも手に入ります。
近所のホームセンターでは冬用のモノも扱っていました。3シーズン用のものが安く、冬用のモノは適応温度が下がる程高いです。(性能の問題なので当たりまえですね)
冬用のモノの中でも、持ち運びに便利な小さく収納できるモノは滅茶苦茶高いです。
車中泊用ですと持ち運ぶわけではないですし、荷物の隙間に詰めるのにも便利そうだったので-8℃まで対応!!というSOUTH FIELD社製のものを購入しました。
化繊モコモコで収納袋に収めるのは大変です。
収納時で21Φ×38cm重量も1640gと持ち運ぶにはちょっと大きいですね。
値段はダウンの小さく収納可能なモノよりもかなり安かったです。

布団で寝るのとは少し違う感覚です。

僕が購入したのはマミー型と呼ばれる、ミノムシのようなタイプで、寝袋の中で寝返りを打つことができません。
慣れるまで何だか寝苦しかったのですが、服の感覚で一緒に転がっていけるので慣れるとどうということもありません。
安く済ませたい方は、3シーズン用の寝袋を2重にして使うとか、寝袋+布団という方法もあります。
寝袋の内側に使い捨てカイロを張り付けるという方法もありますので、持ち物に制約のない車中泊なら工夫次第でどうとでもなります。
暑さ寒さの感じ方には個人差もありますので、あくまで自分に合った方法で行ってくださいね。

実際に外気温-3℃の車内で寝袋を使用してみました。余裕の性能です。

コンパクトカー(マーチ)で、外気温-3℃の雪の日に初めて使用しましたが、寝袋に入っていれば快適でした。顔が少々寒いですが。
暖かい空気が寝袋の中に密閉されますので少し暑いくらいで、寝ぼけてサイドのファスナーを開けたら寒さで一気に目が覚めました(笑)
現在は、サイドのファスナーは全開で上から安物の毛布を掛けて使用しています。
極限の寒さに挑むのでなければ、普通の布団の感覚で手も自由に使えますし、温度の調整もしやすいのでこの方法がお勧めです。

【SOUTH WIND】丸洗いのできる 寝袋 シュラフ 封筒型 耐寒温度 -15℃ コンパクト収納 オールシーズン (ブラック×ブルー)

新品価格
¥3,600から
(2018/5/12 18:42時点)

車中泊をするにあたり。その1~これから始めようと考えている初心者の方へ~

車中泊をするにあたり。その2~睡眠に光は大敵、防犯の観点からも目隠しが必要

車中泊をするにあたり。その3 ~寒さとの戦い~

車中泊をするにあたり。その4 ~傾いたり凸凹だとよく眠れません~

車中泊をするにあたり。その5 ~電化製品を使いたい~

車中泊をするにあたり。その6 ~ベッドマットを作る~

車中泊をするにあたり。その7 ~夏場の暑さと虫対策~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る