未分類

車中泊をするにあたり。その8 ~ベンチレーター自作DIY~デリカD5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

車内熱気排出の為のベンチレーターを自作する。

車の中は狭いので、閉め切って寝ていると室内の温度がどんどん上がります。
また、どうしても一人の時は、トイレ等行こうと思うと短時間とはいえ車内にイヌを残していかないとならない時が有ります。

キャンピングカーであれば天井に換気扇でもつければ解決なのですが、さすがに普段の足にも使う自家用車の天井に穴をあける勇気はありません(汗)

車の窓に換気扇をつけよう。

窓に挟むタイプのベンチレーターも考えましたが、走行時に邪魔になるので後部ドアの窓を利用して自作のベンチレーターを制作することにしました。

材料はこんな感じです。
PC用ケースファン
べニア板3㎜
シガープラグ
シガーライターセパレートスイッチ
隙間テープ
配線を束ねたり固定する適当な金具。

PCケースファンは電気屋さんのPC関連パーツの隅の方で手に入ります。
音が静かなモノや換気性能の良いもの程値段が高額になります。
足りなければ増設すれば良いかな?と、今回は安価なモノを2個購入しました。
USBプラグのモノも有りますので配線がよくわからない方はUSBの方が楽です。

べニア板は自宅にあったモノを使用しました、プラダン等でも加工が楽で良いかと思います。

シガーライターセパレートスイッチ
KX-146 セパレートスイッチ 5連ソケットを使用しました。
当家の車のサブバッテリーが積荷の都合でアクセス困難な場所に有るため、スイッチを一か所で集中管理するためのパーツです。

♪でっきるかなでっきるかな♪制作手順。

まず段ボール等を使い、取り付けたい場所で大きさを合わせます。

サイズが決まったらべニア板を型取りしたダンポールと同じサイズにカットします。

カットしたべニア板にコンパスカッター等を使ってケースファンサイズの穴をあけます。
風量が足りなかった時の為にケースファンを4個つけられるバランスにしました。

べニア板のままでは、色が嫌でしたので、スプレーで黒く塗りました。

ケースファンを取り付けます。
ケースファンには方向が有ります。ファンに矢印等で表示されていますので確認してから取り付けます。
適当に配線をまとめます。

ケースファンからは配線が3本出ています。1本は回転数検出センサー等で使用するものですので切り取ってしまいました。

+-に注意してシガープラグに接続します。逆に接続するとケースファンが回りません。

取付は、アシストグリップを利用しました。

ドアの上にあるアシストグリップを取り外し、イレクターパイプ用のアジャスター『 EF-1200S GR』の高さ調節ネジを取ったモノをアシストグリップが付いていたネジで固定して、短く切ったイレクターパイプを接着、そこに『HJ−1 S』 で長いイレクターパイプを固定しました。

自作が面倒という方は、ロッドホルダーの補修パーツを使う方法も有ります。
画像は『カーメイト INNO ロッドホルダー用 補修部品 ZSP16』を使用。

固定したイレクターパイプを使い、ベンチレーターの台座を作成しました。

配線をモール内に隠して、お好みの位置にスイッチを固定します。


右側のスライドドアはメンテナンスハッチで乗降には使わない。と割り切ることにしました。

網戸の抵抗で排気した空気が車内に戻らないように隙間テープで空気の逃げ道を塞いで完成。

スイッチオンで車内の空気が動き出します。

車内で風が感じられる程ではありませんが、程よく空気が動いて良い感じです。

音は手前にカーテンをつけた効果もあるのか、注意して聞かなければ判らない程度です。

 

車中泊をするにあたり。その1~これから始めようと考えている初心者の方へ~

車中泊をするにあたり。その2~睡眠に光は大敵、防犯の観点からも目隠しが必要

車中泊をするにあたり。その3 ~寒さとの戦い~

車中泊をするにあたり。その4 ~傾いたり凸凹だとよく眠れません~

車中泊をするにあたり。その5 ~電化製品を使いたい~

車中泊をするにあたり。その6 ~ベッドマットを作る~

車中泊をするにあたり。その7 ~夏場の暑さと虫対策~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*